出典:https://www.gazelle.com/thehorn/2015/07/28/9-apps-help-back-to-school-shopping/

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


辞書で調べてもでてこない英単語?


 

こちらの記事はLA滞在記 再録版〜これから海外へ移住や留学をする学生さんへ〜続編になります。

 

 

学校からsupply listが公開されたので、文房具をはじめ、それに書かれているものを揃えていきます。Supply listはクラス・先生ごとに出ている事が多いので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。大体どこのリストにも書いてあるのは、文房具類は特にですが、表記のされかたが独特なので辞書で調べても出てこないものも。

例を挙げると、「No.2 pencil」「spiral notebook」「divider」「composition notebook」「index card」など。ちなみに上から、No.2(大体HBくらいの濃さ)の鉛筆、メタルリングで綴じてあるノート、バインダーを分ける薄いビニール・プラスティック製のもの、そして糸とテープで綴じられた厚めのノート(よくあるノートの綴じ方)、名刺より少し大きいサイズのカード(主に単語帳代わりに使用)になります。

1出典:http://www.amazon.com/Crayola-Third-through-Fifth-Supply/dp/B003UYV1ME

「No.2って何?」「スパイラルとは・・・?」といった知識で文房具店に行ったので買い物に時間が掛かりました。しかもノートはクラスごとに用意しますし、何故かクオリティの割に文房具が高くて結構な額になりました。びっくり。

 

個人的な感覚になりますが、中学、特に入学当初は持ち物に厳しかったのと、先生によってはsupply checkという名の持ち物検査みたいなものがありましたので、とりあえず最初だけはしっかりとリスト通りに用意しておいた方が安心です。ちなみに普通に売られているNo.2ペンシルが本当に書きづらいので、どこかのタイミングで日本のHB鉛筆に切り替えると大変便利。シャープペンシル(mechanical pencil)に関しては先生によってOKなところとNGなところがあったので、要確認です。もしも渡米前に余裕があれば、鉛筆をボックスで、赤青ペン、消しゴム、シャープペンシルくらいは購入して持って行くと良いと思います。

 

直前にアレが足りない!!となると本当に焦るので、余裕をもって準備をしましょう。