画像出典:http://www.icenter.co.jp/unikko.htm

近年手芸、雑貨、家具分野で一台ムーブメントとなっているのが「北欧インテリア」です。

スポンサードリンク

アルテック、イッタラ、イームズ等の北欧のものが大人気ですが、その中でも一番人気なのはフィンランドのブランド「マリメッコ」です。

 

ブランド名だけ聞くとピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、

この柄はご存知なのでは?

これは「ウニッコ」という名前のデザインで、マリメッコの中でも一番人気があるデザインでマリメッコの代名詞と言ってもいいほどです。

 

かくいう私もマリメッコの大ファンですが、まだそんなに好きじゃなかった頃はウニッコを見ても「何この大きい花!」としか思わなかったのですが、見れば見るほど計算されつくしたデザインにはまってしまい私のような女性を中心に人気があるようです。

その効果たるや、今や100円均一の店でもこれってウニッコだよね?と思われる限りなくパクリに近い雑貨があふれるようになったほどです。

ではなぜこんなにもマリメッコは日本で愛されるのでしょうか?

 

1 大胆なデザイン色使いが日本の住宅と相性がいい

 

日本の住宅は畳の和室があったり、木材を使用したシンプルな家具が多いのですが、これだけだとちょっとシンプルすぎて面白みにかけますね。

ここにマリメッコのテキスタイルを投入するとどうでしょう!

程良いアクセントとなってメリハリのあるインテリアコーディネートの完成です。

マリメッコのデザインは色づかいが鮮やかで、派手なデザインが多いのでシンプルな日本の住宅ととっても相性がよく取り入れやすいので人気の要因ではないでしょうか。

 

 

2 色違いでまったく違った雰囲気に

 

マリメッコのデザインは前段でもご紹介したウニッコをはじめ、単純な模様が多いのですが、これは計算されつくされたデザインでありそれゆえどこを切り取っても様になり美しいのです。

ですから同じデザインでもカラーが変わるだけで印象がガラリと変わり、それぞれに個性があるのです。

「ルミマルヤ」という名前のデザインがありますが、このファブリックは色違いが多くあります。

白地にピンク色木の実のデザインは春らしく、グレー地に白色の木の実だと銀世界を連想でき冬らしいイメージです。

このようにデザインが優れており、色が違うと違った表情になるので、あるデザインのファンは色違いも欲しくなる人が多いようです。

1

画像出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/kitchen/324-072.html

 

あなたもご自分の部屋にマリメッコのファブリックや雑貨を取り入れて彩りのある生活をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク