Photo by Katjapia Guestfarm

自然と動物が大好きな人にとって、

いつかは行ってみたいのがアフリカのサファリツアー。

日本の主な旅行会社が色々な企画を出しています。

アフリカはいまや定番の人気方面のひとつです。

スポンサードリンク
 

私がおすすめしたいのは、

ジンバブエにあるビクトリアの滝から車で日帰りできる距離の、

ボツワナのチョベ国立公園サファリツアーです。

ビクトリアフォールズ発着で、

ジープサファリ+昼食+ボートサファリで10時間位です。

このパターンのツアーも大人気です。

 

おすすめする理由は、「チョベはいちばん楽だから」です。

ケニア・タンザニアのサファリは、

ナイロビから国立公園まで行くだけで1日がかりです。

砂ぼこりがすごい悪路の長距離ドライブをしなければ行けません。

「どんな目にあっても、ここはアフリカ!」

と、なんでも感動できる人には向いていますが、

体力のない女性や小さい子供、お年寄りにはキツイかもしれません。

 

チョベ国立公園は、ビクトリアフォールズから車で3時間くらい。

サバンナの中の道路を、ほぼ一直線に走っていきます。

ちゃんと舗装された道路なので、移動で疲れることはありません。

移動中から象やホロホロチョウ、イボイノシシに出会うチャンスがあります。

アフリカの桜とも呼ばれるジャカランダや、

傘のように梢を横にひろげたアカシア、

ハタオリドリが集合住宅を作っている木などを車窓から見ることができます。

 

チョベは象の多さで有名です。

ランドローバーのサファリでは、

開けたところにいる象の群れや、

ふいに道を横切る象に確実に出会えます。

その他、多数の美しい小鳥や水鳥、

カバ、バッファロー、インパラなどを見ることができます。

ライオンもいますが、サファリパークではなく野生のまま生息しているので、

ほとんどの場合はブッシュに隠れて昼寝をしています。

キリンに出会える確立は半々くらいでした。

 

ボートサファリでは、水辺に集まってくる動物達の姿を間近に見ることができます。

口を開けてボートを威嚇してくるカバの群れや、

水浴び・泥浴びをしている象の群れは、何度見ても面白く、感動的です。

 

スポンサードリンク