ドイツのクリスマスマーケット巡り【5】 その他の街

Weihnachtsmarkt Frankfurt 2014 by Kiefer.

ドイツのクリスマスマーケット巡り特集、前回までは都市別にご紹介してまいりました。今回はドイツ各地の風景をランダムにピックアップしてお届けします。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


ライプツィヒ


8233653838_f113fa85db_oWeihnachtsmarkt Leipzig Glühwein by Adelina Horn

東部ドイツ・ザクセン州の最大都市で、旧東ドイツの中ではベルリンに次ぐ規模の大都市です。ベルリンの壁崩壊につながる住民運動発祥の地です。

グリューワイン屋台にクリスマスマーケット専用カップが並んでいます。注文時にカップのデポジットを払うことになっており、飲み終えたあとでカップを返却して返金をもらうか、記念にカップを持ち帰ることもできます。

このシステムはドイツ各地の様々なイベント屋台でもよく採用されています。物を大切にし、ゴミを出さないようにする「ドイツ気質」を感じさせます。

8232590571_d5caafc774_o

Weihnachtsmarkt Leipzig Feuerzangenbowle by Adelina Horn

 


ベルリン


2088108377_9068e30342_o

Weihnachtsmarkt Charlottenburg by Christian

プロイセン王が滞在したシャルロッテンブルク宮殿。クリスマスシーズンにライトアップされ、前の広場でクリスマスマーケットが開かれます。

1989年11月、28年間東西ドイツを分断していた「ベルリンの壁」が崩壊し、ドイツは再統一を果たしました。以来、ドイツの首都はボンからベルリンに戻りました。

6403959485_798efb07b8_b

354 0899 by Jim Woodward

ブランデンブルク門やペルガモン博物館が人気の観光スポットです。(画像はペルガモン博物館のイシュタール門 紀元前6世紀バビロン)

 


ゴスラー


16202946485_a5166157ea_kGoslarer Weihnachtsmarkt by TCM1003

マルクト広場で開催されるクリスマスマーケットの様子。

 

9708572578_5acb296bf6_k

Goslar by David Short

ゴスラーはドイツ中部、ハルツ地方の中心的都市です。ランメルスベルク鉱山のふもとにあり、ローマ時代から鉱山の町として栄えました。旧市街とランメルスベルク鉱山はユネスコ世界遺産に登録されています。ゴージャスな木骨組みの建物が多く残ります。

 


ケムニッツ


 

8247589823_54a72ef14b_k

weihnachtsmarkt chemnitz-vor altem Rathaus by gravitat-OFF

ケムニッツはエルツ山脈のふもとに位置する町です。

4152660115_ff6a77cb04_b

Chemnitz city Weihnacht_018 by gravitat-OFF

クリスマスマーケットには伝統工芸の木工細工の店などが出ます。

 

6317808616_fd8fafa0f6_b

Untitled by Holger Wirth

旧東ドイツ時代にはカール=マルクス=シュタットの名で呼ばれており、マルクス記念碑が残っています。

 


フランクフルト


8258136704_1fdb74d97f_h

Frankfurt – eiserner Steg by Carsten Frenzl

フランクフルトには世界最大級のハブ空港があるため、外国人にとって最も身近なドイツの都市となっています。旧市庁舎のあるレーマー広場周辺はクリスマスシーズンにはライトアップされます。

15901656999_f94d3c15d7_k

Weihnachtsmarkt Frankfurt 2014 by Kiefer.

レーマー広場を中心に開催されるクリスマスマーケットは大変な人出となります。

 

以上、8回にわたってドイツのクリスマスマーケット「Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツ・マルクト)」をご紹介いたしました。次回はクリスマスマーケット特集さいごの番外編「ヨーロッパ各地の様子」です!

 

個人サイトでもクリスマス関連記事を書いています。

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」