引用元:http://newspapertree.com/articles/2013/10/30/land-migrants-and-poets-the-day-of-the-dead-

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


起源のアメリカや世界各国から学ぶ

ハロウィン


U.S.A.でのハロウィンには宗教的な意味あいはありません。アメリカに多いプロテスタントの教会はハロウィンに続く「諸聖人の日」も祝日としていません。

 

一方で、中南米や、米国内のヒスパニック系住民の多い地域では、スペインやポルトガルが伝道したカトリックが浸透しており、聖人の祝日とハロウィンをともに祝います。

 

 

TOP画像はメキシコ国境に近い米国ニューメキシコの「死者の日」の仮装。生花、鮮やかな色彩、レース、大きな十字架がメキシコらしいです。

 

【死者の日とは】


 カトリック国であるメキシコでは11月1日・2日に「諸聖人の日」を祝います。10月31日が「死者の日」(The day of the Dead/Dia de los Muertos)で、カーニバルのようなお祭りが10月31日から11月2日まで行われます。

カラフルなガイコツの仮装をした人々が街を練り歩き、まるで死者が蘇って遊んでいるような、陽気で幻想的な光景です。1

 引用元:https://www.mindomo.com/ja/mindmap/they-day-of-the-death-037cac9fafef4796b006b62e25323a6a

 

ガイコツを飾ったり死者の仮装をするのは、死への恐怖を取り去るためだと言われています。

 

 

【「死者の日」のお墓や祭壇】


 ハロウィンの起源に基づき、死者の世界と生者の世界がつながる日と考えられています。祖先のお墓の手入れも「死者の日」の重要な行事となっています。

2引用元:(Figure 1: Tomb decorated for Day of the Dead)https://thinglinkproject.wordpress.com/

 

(死者の日の飾りつけを施されたお墓)3

引用元:https://casitacolibri.wordpress.com/tag/santiago-apostol/

 

 

 

4引用元:http://sf.funcheap.com/dia-de-los-muertos-san-rafael/

 

 

【独特の死生観】5引用元:http://seattleglobalist.com/2013/10/26/your-guide-to-celebrating-dia-de-los-muertos/17378

 

生きている人が死者の扮装をし、死者を生きている人のように歓待する「死者の日」。

生と死の境界があいまいになり、生と死はたいした違いではないような錯覚を起こしてしまいそう。

確かに「死への恐怖」はかなり和らぎそうですね!

 

6引用元:http://blogs.elpais.com/paco-nadal/2012/10/odio-halloween-viva-dia-muertos-mexico.html

 

 

スポンサードリンク