スポンサードリンク

 

 

 


ベイビー・シャワー?


アメリカではベイビー・シャワーというイベントがある。生まれてくる赤ちゃんを迎えるためのお祝いで、参加者はパンパースや、赤ちゃんにまつわるもの、ベビー用品を寄付するような形で行われます。私は20ドル程のおむつ用のおしりふきを贈りました。

27

他の人はクーポン券や食事の商品券なども送っていましたが、大体の方は、赤ちゃんのためのものを贈っていました。面白いものでは、家のクリーニング掃除屋さんのチケットなど、産後の育児で疲れた体を休むためのチケットだと笑っていました。アメリカではベイビーシャワーギフト用のお店なども充実しています。日本とは違ってラッピングは基本有料になります。一緒にメッセージカードなどを添えてお祝いする感じです。またおむつケーキも日本同様にありましたよ。

28

ちょうどケーキのように、男女の双子です!や、女の子を妊娠しました!ケーキであったり、その際に性別を発表する方も多く、もしくは、ケーキカットをした際に、中身をピンク、または青で性別を色分けして、性別発表するお母さんも多いです!楽しみがたくさんあって良いイベントですね。

アメリカでは基本プレゼントの相場にこだわりがありません。中には手ぶらで来る人もいます。相場はあってないようなもので、人それぞれの価値観で親しさや、付き合ってきた年数で、自分で判断して良いです。ベビーシャワーには必ずお返しが付いてきます。来てくれた人には、妊婦はちょっとしたお土産を渡します。私がもらったのは小さなオーガニックのシャンプーセット。お返しには、リップグロスや、化粧品などがありました。

また伝統的な出産祝いのお返しにはチョコレートとカードを渡す文化がありました。29

また赤ちゃんのお見舞いにはバルーンなどが人気!日本と違ってお花はあまり喜ばれないし、気を付けてほしいのが、『ユリと白い花』は持っていかないで。

ユリは花の首が下に向くので縁起が悪いとされている。白い花も縁起が悪いと言われています。

アメリカは人形やぬいぐるみとバルーン(風船)などの組み合わせがお勧めです。病院の薬局にだいたいこういった商品は置いています。

写真のようにアメリカならではの面白さもあって日本も真似してほしいイベントの一環です。日本では妊婦さんを祝うイベントがないのでさみしいですよね。