チェコのビールと言えば、前に紹介したチェスケーブヨヴィッツェのBudvar(バドワイザー)やピルゼンのPilsner Urquell(ピルスナーウルケル)が有名だが、実はもう一つ国際的に有名なブランドがある。

スポンサードリンク

それがStaropramen(スタロプラメン)だ。(私のリスニングが間違っていなければだが、)チェコのビールで出荷量はNo.1だと(ガイドツアーで言っていたような)。そしてこのスタロプラメンはプラハに醸造所があり、醸造所見学が、他のビールと違い地方に行かずともできるのがうれしい。週末の朝、早速トラムに乗って向かった。

 

 

行き方はトラムが便利で、醸造所の目の前に7/12/20番のトラムが停車するNa Knizeci停留所がある。地下鉄の場合は、B線のAndel駅下車で5分強。

 

まず入り口に、その日のガイドツアーの時間割が表示されている。チェコ語か英語、ロシア、そしてドイツ語のツアーから選べて199コルナ(約1,000円)。入場券を買うとトークンが貰え、併設のバーでビール一杯と交換ができる。ツアー開始まで30分くらいあったので、早速一杯いただく。ビールがおいしいのはもちろんのことだが、グラスも非常におしゃれ。(ショップで購入することも可能)

私は一人だったので、特に写真撮影などしていないが、グループで来ている客は、バーカウンターで写真撮影をさせてもらったりしていた。チェコにはめずらしくフレンドリーな接客をしてくれる。1

 

そしてツアー開始。実はこのツアー、特に係員がおらず、各部屋に備え付けられているモニターや仕掛け、そしてアナウンスにより進められる。

内容としては歴史や醸造方法、世界のビアホールへ出荷されるまでなど。正直そこまで特別な内容ではないため、若干退屈ではあるが、199コルナという値段を考えれば(しかもビール1杯つき)、不満はない。2

 

そして時間があれば、醸造所に併設されているHUSAというレストランに行ってほしい。Staropramen が直営するレストランで、市内に数店舗あり、なかなか質の良い食事を提供してくれる。場所は違うが、私の住む近所にもあり、揚げパンににんにくをすりこむTopinka、そして時々は生肉のTartarをおつまみにビールを楽しんでいる。そしてビールも、Nefilter(無ろ過製法)のビールを試してみてほしい。普通のビールよりも濃い味わいが癖になる。3 4

スポンサードリンク