アイルランド留学生活〜いよいよクリスマス!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


いよいよ迎えたクリスマス・イヴ!家でポーランド式クリスマスパーティ。そして…


いよいよクリスマス・イヴ。日本だとなんとなくイヴがメインな雰囲気がありますが、アイルランドはクリスマス当日にお祝いをするのが通常だそうです。でも、他の国もそうなのかといえば、国によってはクリスマス・イヴに祝うところもあるそうで、その辺はそれぞれで違うみたいです。

私はポーランド人のハウスメイトから「クリスマスはどうするの?私も今年は実家に帰らないから、家で一緒にポーランド式でクリスマスパーティしよう!」と言われていたのでパーティする約束をしていたのですが、ポーランドではクリスマス・イヴがメインなのだそう。つまりパーティもイヴに開催。そんなわけで、ハウスメイトと彼女の友達、私の友達も呼んで4人でパーティとなりました。

christmas-tree-1058672_1920

クリスマス、と言っても日本でのクリスマスというレベルでしかない認識がない私たち。ごちそうというほどのものも特になく、あとはパリのお土産があるくらい。でも彼女たちはごはんもいっぱい用意してくれて、しかも全部作ってくれてて、クリスマスプレゼントまで用意してあって。とても感激しました!

 spare-ribs-899306_1920

christmas-cookies-553457_1920

ポーランドではパーティの前に願掛けをするのが習わしだそうで、紙みたいな薄いおせんべいのようなもの(調べてみたら「オプワテク」というもので、とても神聖なものらしいですね)を二人で一枚持って、願掛けしながらそれを割って食べるのです。急に「お願いごと、言って!」と言われ、急に言われても思いつかない!と焦りつつも彼女とこれからもこの家で一緒に楽しく暮らせますように、といった私。彼女も、「しのぱんがずっと長くこの家にいてくれますように!」と言ってくれて、嬉しかったです。

 

そうしてプレゼント交換(と言っても、私が渡せたのはパリのお土産のみでしたが。。)をして、パーティ開始!しかし、ここでポーランド式の特徴が!

 

0時になるまで、アルコール類・お肉類を口にするのは一切禁止。。

 

え?!パーティなのに?!飲んじゃダメなの?!ちょっとくらい飲んでもさ…「ダメ!ポーランド式なんだから!」と、全然許してもらえない。仕方ない、ここは郷に入っては郷に従えってことです。。そんなわけで、みんなでテレビを見つつ、食卓を囲みつつ、お酒のボトルを目の前にしてガマン。。みんなして、「ねえ、12時まだ?」と何度もムダに時計をチェックしてしまうので笑えました(笑)。

clock-933311_1920

 

そうしてようやく日付が変わる0時に。25日を迎えて、お酒・お肉解禁!わーい♪というわけで、みんなで飲み始め。だらだらと飲んで、3時頃には就寝しました。

 

で、翌朝。と言っても、昼くらいにようやく起きだした私たち。私と友達はごはんを食べながらまただらだらとテレビを見ていましたが、彼女たちは「友達に誘われてるから行ってくる!もう遅刻だけど!!」と、車で出かけていきました。そう、クリスマスはお店や交通機関は一切止まるので、車で外出できないかぎり、家に缶詰めにならざるを得ないのです。そんなわけで、友達も家に帰れないし、私たちは家でだらだら。

 

まるで寝正月のような図(笑)。

 

結局夜9時から始まった映画を見ながら飲み再開で、気づけば朝5時。これまただらだらと就寝したのでした…。

 

 

 

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆