アイルランド留学生活〜クリスマスマーケット

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


ストリートには出店が登場。これが噂のクリスマスマーケット・・・?!


11月には(ショボイけど)クリスマスのイルミネーションが点灯する、というお話を書きましたが、12月にもなると、街全体がすっかりクリスマスムード。街にはクリスマスプレゼントを買いに出る人たちであふれ、週末ともなるとプレゼントの包みをたくさん持った人たちを至るところで見かけます。また、生花店なんかではクリスマスツリーの、様々なサイズの本物のもみの木が売られていたり!この辺、日本ではあまり見ない光景だなぁ。

1dd723a92155096467857ce124dcd192_s

私の仕事場(イタリアンワインバー)も連日大忙し!特に週末は、クリスマスショッピングのために出てきた人たちがランチから夕方のお茶の時間までひっきりなしにやってきて、忙しいままディナータイムに突入、なんてこともしばしば。いわば、日本の年末、お正月を迎える前の雰囲気にちょっと近しい気がする。なるほど、11月なら休んでいいっていう理由、12月はこれだけ忙しくなるからってことだったのね。。

 

クリスマス時期、もう一つ気になっていたのが出店の出店。「12月になると、道に出店が出るよ」と聞いていたので、どんな感じになるのだろうと、ちょっと楽しみにしていた。でも、実際軒を連ねだした出店を見てみると、売られているのは普通のチョコレートやクリスマス用の飾り(しかもどれも安っぽい感じ。。)、シャネルやプラダのバッタ物だったり…あれ?まさかこれ、

 

うわさで聞くクリスマスマーケットってヤツじゃないよね?!

 

クリスマスマーケットって言ったら、ホットワインとか売っててさ、なんかオシャレな雰囲気でさ…

 

イメージ、崩壊。

e94de93aae9793ea3cf216038ef844ea_s

これまたがっかりしました。

でも後日、「クリスマスマーケットやってるから行ってみようよ!」と日本人の友達に誘われ行ってみたら、連れていかれたのはその出店エリアではなく、中心地の最寄り駅裏手にある広場。夕方にはすでに真っ暗、そんな夜の空気に包まれる中、一帯がイルミネーションで輝き、移動式遊園地がきていてキラキラのメリーゴーランドがくるくるとまわって、子供たちのはしゃぐ声が響き…

blogクリスマスマーケット

そう、これよ、これ!

blogクリスマスマーケット2

大きなソーセージが焼かれていたり、ホットワインの屋台があったりして、クリスマスマーケットのイメージって、まさにこれじゃん!わーい♪こーゆーのを求めていたのっ!と、はしゃぐ私。それに対し友達は「ドイツのクリスマスマーケットはもっとすごくてね…」と遠い目。彼女、ドイツに数年滞在していた経験があるのですが、ドイツのクリスマスマーケットは大々的で、世界的にも有名なのだそう。(すみません、それまでよく知りませんでした。。)なので、本場を体験してしまった彼女にしてみたら、この規模は雲泥の差だった様子でした…。

 

とはいえ、おいしいグリルやホットワインを堪能し、アクセサリー作家さんの個展なんかも覗いちゃったりして。この日はヨーロッパのクリスマス雰囲気を満喫したのでした♪

 

 

 

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆