中国移住生活あるあるvol.15~交通他編・鞄店が○○○店へ早変わり?編~

Canton Tower at night by sanfamedia.com

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


中国のお店は1日で別のお店に入れ替わる!?


前回中国移住生活あるあるvol.14でも書きましたが,道路工事や建設工事などが大変多いことは「中国生活あるある」の1つです。あちらでも工事,こちらでも工事,サービスアパートメントの中でも工事…。やはり∞でございます。なので,ローカルな皆様自体も“にぎやか”ですが,

それに加えて街中も“にぎやか”です。耐えるしかありません…。(T_T)

で,それら数多い工事の中で,私が最も驚いた工事は“交差点角の鞄店”です。(また交差点がらみですいません)。工事期間はなんと1日!もしかしたら1晩かもしれません…。

とある幹線道路の交差点角に鞄店がありまして,若い女性向けの鞄を売っていました。(鞄の多くはブランドを模した“なんちゃって”系に見えましたが…)。看板は,中国ではごく一般的なハデハデ系の電飾(上の写真のような)でした。自宅近くの地下鉄の駅やバス停を利用するためには,その交差点を通らなければならなかったので嫌でも?視界に入ります。

2

Tongchuan Market by triplefivechina

 

 ある秋の日,バスか地下鉄を降りて交差点で信号待ちをしていました。「あれ?昨日までとなんか違う??」と思っていたところ,そのハデハデ系なんちゃって鞄店がナント!!

「上海蟹」店に変わっていました(@_@;)。秋の今頃は,ちょうど上海蟹,それも味が良いと評判が高い雌の時期ですが,「え~??そうだとしても,いつ変わったんだあ?」と。

 前日の夜,交差点を通った時には鞄店だったので,1晩と午前中くらいしか工事できる

時間はなかったと思います。で,私が一番驚いたのは上海蟹を入れている水槽が,上の写真のように店の中に整然と積まれていたことです。例えば,工事後が靴店とか洋服店とかなら,別に驚きませんが,たくさんの上海蟹を入れた水槽が出入り口を除く3面の壁際にビッシリと積まれていたのにはさすがにビックリ!しましたねー。

 

 もう一つ驚かされたのが,例のハデハデ系電飾看板です。その看板もナント!ハデハデ系上海蟹仕様に変わっていました…。ハデハデ系は相変わらずですが,上海蟹の看板になっていたので,またビックリ!。店内のみならず看板まで!。「いくらなんでも速すぎだろー」と毒づいておりました。m(__)m あ,そういえば,上海蟹のおいしい季節になりましたね。このvol.15を書いていたら,また食べたくなってきました。(*^_^*)

 

4Shanghai hairy crab by Kentaro IEMOTO@Tokyo

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • […] 前回の中国移住生活あるあるvol.15書きましたように,上海蟹のおいしい季節がやってきました。上海蟹の大きさは日本のワタリガニくらいで,それほど大きくありません。蟹肉はあまりないので,そこがお好みの方はイマイチかもしれませんね~。私は淡白な蟹肉が好みなので,例えば,タラバガニとかズワイガニの方が実は好みなのですが,上海蟹の長所は内子や蟹みその部分が大変クリーミー!!。この濃厚なコクが他の蟹では味わえないところですね~。 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    にーな

    ライタープロフィール:本を読むことと文章を書くことが好きな主婦です。中国国内及び東南アジア方面への旅行経験が豊富です。また,中国在住歴があるので「中国生活あるある」も披露できたらと思っています。よろしくお願いします。