中国移住生活あるあるvol.14~交通編・歩道は○○??編~

Bad Sidewalk 4-6-14 by THE Holy Hand Grenade!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 


中国の歩道はでこぼこで危ない?


交差点ネタが無事?終わりまして,冬はおいしいものがいっぱい!食べ物編に突入だー!と考えておりましたが,また道路ネタを少々追加いたします。

日本と比べて,はるかに国土が広いせいか道路のみならず歩道なども幅が広いことが多いです。ただ,幅広い歩道があるかと思えば,1人ずつが行き違うのもやっとだよ,というような歩道もあり…。いろいろです。幅に十分な余裕がある歩道には,ベンチや植栽などがありまして“おしゃれな”感じに仕上げております。

しかし,その歩道の路面がやや難ありでした。全ての歩道ではありませんが,はっきり言ってしまうと「デコボコ」なんです。煉瓦のようなブロックのようなものを並べているせいなのか,路面がデコボコになりやすいのか…,ホントによくつまづいていました。(T_T) 例えば,車椅子などを進めるにはかなり大変な路面です。(というか進めない??)

2man in manhole by kafka4prez

 

 路面でもう一つ要注意なのが,道路工事などの作業も多いことです…。例えば,買い物に出たところ,いつもの風景とどこか違う…。「あれれ?昨日までと違う?」などと思っていると工事が始まっていたりします。しかし,すぐ終わります。それが歩道のアチコチに。これも「中国生活あるある」の1つですね~。

TVなどで度々放送されている“マンホールが抜けて歩行者がその抜けた穴に落ちてしまう!”という映像を見た方も多いと思います。さすがに,それと同じ場面には遭遇しませんでしたが,やはり油断禁物!ということで,いつもマンホールを避けて歩いていました。(*^_^*)

 

そういえば,以前はたくさんの自転車が車道を占領していた“自転車大国”だったのに,自転車専用道路はほとんど見かけませんでしたね。あれだけの自転車はどこに行ってしまったのか,と思うぐらいに,今は道路は車であふれていますし,電動バイクも多いです。

 

この電動バイクも曲者でして…。日本でもハイブリッド車のエンジン音などが静かすぎて,近づいてきても歩行者が気づかない,などが問題になりましたが,それと同様です。例えば,タクシーから降りる時,後ろから電動バイクが来たけれど気づかなくてタクシーのドアとぶつかりそうになったなどなど。電動バイクを運転している人自体は“にぎやか”m(__)mですが,運転音は“静か”なので要注意です~。

3

2009_07_22_DSC05296 by Gwydion M. Williams

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

にーな

ライタープロフィール:本を読むことと文章を書くことが好きな主婦です。中国国内及び東南アジア方面への旅行経験が豊富です。また,中国在住歴があるので「中国生活あるある」も披露できたらと思っています。よろしくお願いします。