アイルランド留学生活〜アイルランドの夏はヨーロッパ一高い崖へ!⑶〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 


アイルランドの夏は観光シーズン!


さて、前回のアイルランド留学生活〜アイルランドの夏はヨーロッパ一高い崖へ!⑵〜から引き続き、話はヨーロッパ一高い崖を目指す私たちの話です。

 

歩き続けるも、なかなか崖があるような景色に出会えない私たち。少し不安になりつつも、たまーに見かける民家の外で庭仕事をしているおじちゃんに道を聞いたりして、どうやら間違ってはいないらしいと確認しつつ、ひたすら歩き続けます。2時間を経過し、いい加減みんな「お腹すいたー。まだなの?」と、長い道のりに少々くじけ気味に。

「サンドイッチ食べようよー」「ダメ。崖についてから!」「お腹すいたよ」「ダメ。まだ我慢!」そんな会話をみんなで繰り返しつつ、「いい加減、もう無理!」と、崖に着く前に、みんなでランチ。朝作ったサンドイッチをもりもり食べる。…しかし、道路両脇の草むらは、アイルランドの天気のせいか濡れているため、座れず。。結局大きな岩に寄りかかりつつ、みんなで立ち食い。

 

そんなこともありつつ、気を取り直して再び歩き出す私たち。2時間ほど歩いて、ようやく、

 

着いたーーー!

 

が、しかし。。本当の崖のてっぺんに立つためには、目の前にそびえ立つ急斜面の岩山を登らなくてはならないという、難関が!登ってる人たち、豆粒にしか見えないんだけど!名称未設定

 

そんなに登るのー?!と驚愕しているところ、さらに友達から追い討ちをかける言葉が。

 

「ここまで2時間かかったから、この岩山、20分で登って降りないと。帰りのバスに間に合わないよ。」

 

なんたることーー!!でも、せっかく来たんだから、登れるところまで登ろうよ。ということでさらに歩みを進めることに。けど、この急斜面、これまで経験したことないほど急な上に、すぐ横は崖なわけで。

 

冗談抜きで、マジ怖い。。

 

「怖いよー」「高いところ苦手。。」など、みんな口々に不平不満と恐怖を訴えつつ、へっぴり腰で登る私たち。「もう時間がないよー」ということで、残念ながら頂上まではたどり着けなかったけれど、相当な高さまで登ったところで一息つくことに。みんなで下を見下ろすと…すみません、もう一度言わせてください。

 

いやホント、マジで怖いから。。1

ちょっと身を乗り出したら完全アウトですよ。こんな崖っぷち、体験したことないー!恐怖を覚えつつも、せっかくなのでみんなで記念撮影。当初は顔がこわばっていたものの、高さにもちょっとだけ慣れて、最終的には

笑顔で崖の高さも感じられる写真を撮れました♪

 

さーて。そんな風にちょっとだけ崖の上を楽しんだ私たち。「さ、降りよう!」と、あっさり岩山を降り始める。「急がないとバスに乗り遅れるよ!」と、帰りは心なしか早歩きで、来た道を戻る私たち。1時間40分程度で無事にバス停までたどり着くことができました!当然のことながら、「疲れたー!」ってことで、休憩場所として向かうは…

 

やっぱりパブでしょ。

 

そう、どんなに小さな街でも村でも、アイルランドには絶対パブがあるのです。というわけで、みんなでギネスビールで乾杯。アイルランドを満喫したあとのギネス、やっぱり格別だねー!

2

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

しのぱん

しのぱんです! エンタメ業界で働きまくった日々をくぐり抜け、英語習得のためにたどり着いたのはなぜかアイルランド。語学学校に数ヶ月通ったものの、そこそこレベルの英語力で帰国。迷った末にワーホリビザを取得して、これまたなぜか再び渡愛。皿洗いで生計を立てつつ、外国生活、ヨーロッパ旅行の日々お気楽暮らし。しかし、気づけば滞在歴トータル2年とちょっと。30歳も超えて、『職業:皿洗い』じゃマズイだろ、と今度は本当に日本に帰国。転職を繰り返しつつなんとか社会に復帰して、たまの海外旅行で満足している今日この頃です。 当時の生活、海外旅行記などを書いていこうと思ってます。あくまで個人的な経験を書いていくのでお役に立てる内容ではありませんが、暇つぶしにでも読んでいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします☆