外国語を修得するためのコツと秘訣10選 (後編)

https://pixabay.com

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

今記事は前回の外国語を修得するためのコツと秘訣10選 (前編)の続編になります。 


外国語を話せるようになりたい! 


9ヶ国語を話し、更に加えて12ヶ国語を理解することができるマシュー。次々と使用言語を切り替えるので、彼がイギリス人であるとは気づきませんでした。名称未設定212

出典:https://www.youtube.com/watch?v=z-tTFKra3Ik

外国語の習得について、次のようにアドバイスをしてくれました。

 

6.子供になる


子供が学習するときのやり方をまねてみるということです。年齢と学習の早さに直接的関連性は無いそうですが、子供のように自意識を持たず、言葉を使って遊びたいと言う意欲、失敗を怖がらないことが学習のスピードを高めるのに必要だと思います。

失敗を重ねて学習するのです。子供の失敗は当たり前、大人の失敗はタブー。そう考えて、習ってもいないことを「できない」と決め付けてしまうのです。失敗や、悪戦苦闘中であることを子供は気にしません。言葉を学習する場合、何も知らなくて当たり前(それで当然)だと思うことが大事です。成長を邪魔する固定観念から解放されましょう。

 

 

7.安全圏から踏み出してみること


失敗を恐れないということは、恥ずかしい思いをすることを恐れないことでもあります。成長するには必要なことです。

初対面の人と話したり道を尋ねたり、食事を注文したり冗談を言ってみたり、とにかく自分を試してみるしかありません。

やればやるほど自信がついて新たな場面に動じなくなります。

 

 

8.聴く


よく聴くことが第一です。どんな言葉でもはじめは耳になじみません。でも何度も聴くうちに慣れてきて話すことができるようになります。

「慣れれば、どんな言葉でも話せます。何度も聞いてどんな風に発音されているかをシミュレーションすることが言葉をマスターする最善策です。発音にはそれにあった喉や舌の使い方があるからです。」

 

 

9.人が話している様子を観察する


言葉ごとに違った舌や唇や喉の使い方があります。発音するには、それらの使い方だけでなく、同じようにやってみようというメンタルな部分も重要です。

「言葉を話しているときに、音を聴きながら話している人を良く観察して、できる限りそれをまねて発音してみます。はじめは難しく感じますが、必ずできるようになります。」

もし真似る人が見つからない場合は映画やテレビで代用します。

 

10.飛び込む、浸りこむ


どのような方法やツールを使うにしても、言葉の学習には毎日練習を欠かさないことが重要です。

「僕の場合、はじめから全力で吸収しようと努力します。全力を注いで、一日中その言葉を使うように心がけます。徐々にその言葉で考え、書き、自分の内側でもその言葉を使うようにしていきます。とにかく使うことです。メールするにも、自分に問いかけるときも、音楽を聴いたり、ラジオを聴いたりするときも。自分の周囲を学習している言葉の文化で埋め尽くすことが早く修得する秘訣です。」

外国語を話して最も充実感があるのは会話ができたときです。簡単な会話だけでも嬉しいものです。目標の一つ一つをを少しでも早くクリアすることでモチベーションを維持し、練習を続けることができます。

上手くなくても、自分の話す言葉を話そうとしている人を嫌に思う人はいません。「勉強中で頑張っています」と言う気持ちが伝われば、たいていの人が待ってくれますし、励ましてくれるし、喜んで協力してくれます。「もし、ネイティブではない人があなたの言葉を話せたら、嬉しいと感じるでしょ?」

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

1 個のコメント

  • I have been exploring for a little bit for any high-quality articles or blog posts on this kind of house . Exploring in Yahoo I finally stumbled upon this site. Reading this information So i’m happy to show that I have a very just right uncanny feeling I discovered just what I needed. I such a lot certainly will make certain to do not disregard this web site and provides it a look regularly.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    BAZINGA!

    大学卒業後南カリフォルニアの某大学へと留学。2年後帰国して、広告、プロモーション、企画開発、貿易と数社を渡り歩き実家の会社を継ぐも、フリーランスの虫が治まらず翻訳・ライターとして孤軍奮闘しています。 “現在、シェルドン・クーパー博士(カリフォル二ア工科大)と論理物理学による宇宙の法則解明中です。”・・・ BAZINGA !