外国語を修得するためのコツと秘訣10選! (前編)

https://pixabay.com

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


外国語を話せるようになりたい! 


9ヶ国語を話し、更に加えて12ヶ国語を理解することができるマシュー。次々と使用言語を切り替えるので、彼がイギリス人であるとは気づきませんでした。名称未設定212

出典:https://www.youtube.com/watch?v=z-tTFKra3Ik

 

 外国語の習得について、次のようにアドバイスをしてくれました。

 

1.学習する理由を認識する


言葉を習得する理由が明確でないと、長い時間をかけるうちにモチベーションが薄れがちです。単に外国語が話したいてみたいということではなく、話をしたい人がいて、その人の母国語で話してみたいというような理由があると理想的です。一度やると決めたら最後までやり抜くことが大事です。

 

2.良いパートナーを探す


彼の場合、双子の兄弟のマイケル(彼らが初めて学んだのはギリシャ語で8歳のときでした)と一緒に始めました。

彼らはスーパー・マルチリンガルな兄弟で、彼らの学習能力は兄弟というライバルによって発揮されることになったらしいのです。

 

「今でも刺激を受けているし、モチベーションになっている。いい意味での競争だね。もし僕のほうができれば、悔しいから追い越そうとするんだ。もちろんその逆もあるけどね。」

 

兄弟に限らず、切磋琢磨しあうパートナーを見つけましょう。

 

3.自分に話しかける


他に話す相手がいない場合は、自分自身に話しかけてみましょう。

「変かもしれないけれど、話す相手が無い場合には、いい練習になります。」

そ新しい単語やフレーズを使って自分に話しかけることで忘れないようにして、実際に誰かと話すときに自信を持って話せる準備をします。

 

4.関連付ける


読み書きよりも、はじめから会話をゴールにしておくとテキストについていきやすいものです。誰かに話すことによって学習プロセスを関連付けて記憶しやすくなります。

「言葉は使うために学習するもので、学習する言葉を使い、日常化し、身近なものにすることが大事です。曲を作ってみたり、誰かに話しかけるように心がけたり、外国に行ったときに話すなどです。本当に外国に行く必要はありません。例えば、近所のギリシャレストランに行ったら、ギリシャ語でオーダーをしてみたりすることです。」

 

 

5.言葉を使って楽しむ


新たに身に付けた言葉を使うということはクリエイティブなことです。スーパー・マルチリンガル兄弟は作曲したり、レコーディングしたりしてギリシャ語を練習しました。楽しみながら学習する方法を考えましょう。DJごっこをするのもいいですし、漫画を描いてみたり、誰かと話をしてみましょう。

 

とにかく、始める。使う、楽しむ。できそうな気がしませんか?

後編に続きますので後編もお楽しみください!25

board-64269_640出典:https://pixabay.com

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

BAZINGA!

大学卒業後南カリフォルニアの某大学へと留学。2年後帰国して、広告、プロモーション、企画開発、貿易と数社を渡り歩き実家の会社を継ぐも、フリーランスの虫が治まらず翻訳・ライターとして孤軍奮闘しています。 “現在、シェルドン・クーパー博士(カリフォル二ア工科大)と論理物理学による宇宙の法則解明中です。”・・・ BAZINGA !