イギリス旅行で財布を忘れても戻ってくる!?

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


イギリス旅行

私が財布を置き忘れた回数


私は何を隠そう(今のところ)イギリスで財布を置き忘れたことが何度もあり、全て(今のところ)無事手元に戻って来ている経験があるんです!

もちろん海外は日本と違って物騒で、置き引きもよくあることだとは重々わかっていて、自分では気を付けているつもりなのですが…。

 

ではさて何度失くしたでしょう??

 

 

 

最初はスーパーマーケット


恐らく袋詰めの際に財布を置いたことを忘れてしまっていたのでしょう。帰って来て数時間経った頃財布が無いことに気付き、スーパーへ駆けこんだら、「預かってるわよ」とレジのお姉さんがひとこと。もちろんカードもお金も紛失することなく戻ってきました。

 

 

次はなんとタクシー


ロンドン市内でコンサートを観て、終電を逃してしまいタクシーを拾ってロンドン郊外の友人宅まで帰ることになりました。私はあまり所持金が無く、家にお金があるので到着したら払うということで到着してお金を取りに行く際何を思ったか「逃げるわけじゃないからお金取りに行くけどバッグはここに置いておくわね~」と独り言のように運転手さんに告げて家の中へ。足りないお金を窓越しに払って、すっかりバッグのことを忘れていた私は真夜中に消えるブラックキャブにのん気に手を振ったのでした。

無いと気付いたのはその直後。真夜中に宿泊先の友人の両親も起こして事の成り行きを説明しました。タクシー会社や運転手の名前を控えてなければ探しようが…と友人のお母さんは申し訳なさそうに答えてくれたその直後!ドアからノックする音が!なんと運転手さんが私のバッグを持って帰って来てくれたのです!

なんでも別れた後すぐに次のお客さんを拾ったらしくそのお客さんがバッグに気づき、戻って来てくれたのでした。

 

そしてまだ続きます


日本から来た友人とテートギャラリーへ。

名称未設定初夏の季節、美術館のすぐ外にアイスクリームの移動販売車が来ており、美術館を観た後友人とアイスを買って移動車の前にあるベンチでアイス売りのおじさんと話をし楽しく食べ終わりました。その後定期を使ってロンドン中心部へ戻り、さて買い物をしようと財布を出そうとした瞬間…無い!慌てて地下鉄に乗りまた来た道を戻りました。

美術館前に行くとまだアイスの車は止まっています!走って向かうと車の中からおじさんが見え、私を見た瞬間大喜びで身体を乗りだし走り込んできた私と抱き合いました。ベンチで置き去りにされた財布は恐らく次のお客さんに拾われたのでしょう。おじさんが預かってくれていたのです。

 

さらに続きます!イギリス滞在最終日に中心部で買い物をし、マークス&スペンサーのオムツ替え室で子どものオムツを交換していざヒースロー空港に向かうバスに乗り込んだ時でした。3キャリーケースやベビーカー、子どもはいるけれどあれ、背中が軽い?!そう、財布、携帯、パスポート、現金、航空券など全てが入ったリュックをそのおむつ交換の部屋に忘れて来たことに気付いたのです。慌てて店に戻り、おむつ交換室にいたスタッフの女性にここに黒いリュックが無かったですか?!とドキドキしながら聞くと、「あなたのね!!危ないから置き去りになんてしないでよ!」と叫ばれ、あああった~~!と安堵。リュックを受け取り子供達と猛ダッシュでヒースロー空港に向かったのでした。

 

 

『さて、何度財布を忘れたかわかりました?』

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは4回。

 

 

どの話も見つかって良かった、というよりちょっと忘れすぎですよね、あはは。

親切な国 イギリス

 

 

 

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

marimarin

大好きなミュージシャンがいるイギリスに行きたくて、アルバイトをしてお金を貯めてその地を踏んでからもううん十年。 結婚して子供もいてなかなか思い通りにはなりませんが、それでも数年ごとにイギリス旅行を満喫しています。 現地にはイギリス人の友達もいて、異文化も楽しみながら新しいイギリスを発見しています。 イギリスでの楽しかったこと、苦しかったこと、あり得ない体験談、役に立つ情報などをお届けしたいと思っています。 夢はいつか移住をすることです!