中国旅行vol.4~中国旅行の時期選びは慎重に・・・・四川省・世界自然遺産、九寨溝編 ~

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


中国旅行の時期に注意!!!

「国慶節」と「春節」は絶対駄目!


四川省北部にある世界自然遺産「九寨溝」に遥々とやってまいりました。この「遥々(はるばる)」が後々まさしく重要なキーワードになるとは,思ってもいませんでしたが。。。

 

写真には中国国内でよく見かける大勢の人々が写っております。私達はよりにもよって「国慶節」(中国の建国記念日のことです。日本のゴールデンウィークに似ておりまして10月上旬にあります)に,この中国屈指の大観光地に来てしまいました。

 

ここで「中国旅行あるある」1つ


中国国内旅行の時期を決める時,この「国慶節」とか「春節」の時期を選んではいけません。最近よく海外での中国人観光客の行動がマスコミに取り上げられますが,中国国内も日本の常識をはるかに超えた様相を呈します。

1 

 

この「九寨溝」は,岷山山脈(びんさんさんみゃく)にある湖水地帯のことで,よく見かける「九寨溝」の画像も,その山脈から流れ出た水が滝をつくった画像や棚田状に湖沼が連なった画像等が多いですね。2003年に「九寨黄龍空港」が開港したので,四川省の成都から飛行機を利用すると約2時間で着きます。ただし,この空港は中国一遅延・欠航率が高い空港という評判ですので,往路復路ともフライトスケジュール通りだった私達は.「飛行機運」は持っていたのかもしれません。

 

 

またしても「中国旅行あるある」をご披露!


中国の空港ではよく飛行機が遅延します。つまり、中国一という評価を与えられていることは,かなりがんばらないと(?)得ることのできない実績を持っていると推察しております。。

 

 飛行機運は持っていた私達でしたが,「車運」は持っていませんでした。国慶節の時期で

九寨黄龍空港にも人があふれかえる中,空港から九寨溝まで車で移動しました。午後7時位に空港を出発できましたので,予定では午後9時位には遅くても宿泊予定のホテルに到着する予定でした。所要時間2時間の予定です。シーズンオフであれば1時間半=90分で到着できるそうです。2

 

http://free-photos-ls04.gatag.net/images/sgf01a201301050300.jpg

 

案の定,私達の先行きに暗雲が立ち込めました。空港から出発して九寨溝へ向かうルートは片側1車線の道路1本しかありません。そこに自家用車に乗った中国人観光客が押し寄せてきたワケですから,日本の常識をはるかに超えた「サーキット状態」がまず始まりました。そこで起きたことは,その渋滞している山道の道路で,後続車が対向車線を使って次から次へと前を走っている車を追い抜いて行きます。もちろん対向車線も台数は少ないけれど,ソコソコの台数の車が走っていますので,その合間をぬって追い抜く感じです。

 

かつ,そのサーキット場(?)は標高2000m以上の山道という状態。怖すぎです。

それだけでも私達は恐ろしい思いをしておりましたが,とうとう途中から渋滞で連なっている車が全て停止してしまいました!停止しただけでなく,バッテリーを消耗させないためだとは思いますが,渋滞中の車が全て消灯したのです!!えーっ!山道に街灯は1本もありませんから,文字通り周囲は「暗黒状態」,私達の心と同じようにまっくらになりました。ああ…。

 

それでも,夜中を過ぎたくらいから少しずつ動き始めたので,その道路で車中泊することは免れましたが,宿泊予定のホテルに到着したのは午前2時を過ぎていました。

つまり,2時間で着くところを私達は7時間もかかって到着したわけです。「飛行機運」で運を使い果たしたためか,はるばると3倍以上の時間をかけて飛行場から九寨溝までたどり着きました。ただ,とある知人によると,この国慶節の九寨溝に無事(…)たどり着いただけでも運は持っていた,ということでした。そう言われればそのような気もしてまいります。。 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

にーな

ライタープロフィール:本を読むことと文章を書くことが好きな主婦です。中国国内及び東南アジア方面への旅行経験が豊富です。また,中国在住歴があるので「中国生活あるある」も披露できたらと思っています。よろしくお願いします。