日本人にとってお正月は最重要の伝統行事ですが、中国文化圏においてもそれは同じ。旧暦で祝うため毎年スケジュールが変わるチャイニーズ・ニュー・イヤー、2016年は2月8日からです。

 


2016年 中国の旧正月は2月2日~22日


 

5395810888_1968cbd928_b

Hong Kong 106 by Jeremy Thompson

旧暦の1月1日にあたるのは西暦2月8日(月)からですが、
香港政府観光局によると、一週間前からの3週間が旧正月シーズンとされています。

街は一年の好運を祈りに寺院に向かう香港人と観光客でごったがえし、正月料理と花の屋台が立ち並び、鮮やかな赤のデコレーションがあふれます。旧正月はとてもカラフルな季節なんです。

赤は中国文化で特に「幸運を呼ぶ色」とされており、正月には赤を身につける習慣もあります。
新年の幸運は赤いパンツから!

スポンサードリンク
 


1・2日目が祝日


7931074566_f8463040e4_k

CNY lion in Western Market by shankar s.

国の施設や銀行、公共サービスも1日目と2日目は休業です。一方、繁華街のお店やレストランは稼ぎ時なのでオープンしています。ショッピングモールは営業時間を延長することもあります。香港の主な観光地やテーマパークと公共交通機関は通常営業です。

市場や屋台も1・2日目はお休み、3日目からオープンとなるので、その時期に香港に行かれる方は注意!
2016年は2月8日(月)・9日(火)が祝日です。

獅子舞はあちこちで見られると思います。もっと獅子舞画像を見たい方は、こちらの記事へどうぞ。
アジア各国の獅子舞特集!動画5本で徹底比較

 


ぜひ見たい!ナイトパレード


6822307599_0604d6efbb_b

World City. World Party. by Michael Elleray

毎年10万人もの人が見物に押し寄せると言われているのが、香港の中心・チムシャアツイで行われるナイトパレード。主催は香港の翼・キャセイパシフィック航空です。

地元香港の人から、また世界中から大道芸人が集結し、ハーバーフロントはお祭り騒ぎとなります。
香港の旧正月を一緒にお祝いするなら、ここに行かなければ始まりません。

2016年は旧正月初日の2月8日に開催されます。スタート時間は例年20時。
有料の観覧席チケットは1月中旬から発売されるので、直前では残りわずかでしょうが…
気になる方は、香港政府観光局まで問い合わせてみてください。
info@discoverhongkong.com
沿道で立ち見するのは無料ですが、ものすごい人が押し寄せているので、注意・注意!

 


花火大会も必見!


6834861529_17460479ae_b

Kung Hei Fat Choi! by Michael Elleray

例年、ナイトパレード翌日の夜にビクトリア湾で行われるのが旧正月花火大会。香港では爆竹が禁止されているので、その分、大空に勢いよく上がる大花火を楽しみにしており、ナイトパレードと同じくらいの人出があります。

日本の花火大会が豪勢になりすぎてしまったので、時間的には物足りなく感じる人もいるかもしれませんが…約20分間続きます。
九龍半島と香港島の間の海上に船が出て、その船の上から打ち上げるそうです。

花火見物のベストスポットは、九龍半島側ならチムシャアツイ、香港島側ならワンチャイのウォーターフロント。セントラルのフェリーターミナルもおすすめ。よく見える場所を確保するために4時間前から頑張る人も多いとか!

予約が殺到するでしょうが、ビクトリア湾を見晴らすホテルの部屋やレストランから眺められたら素敵ですね。

 

お正月料理やお寺、金運祈願など、もっと紹介したいこともあるのですが、字数が尽きました。
残りは私のサイトの記事をご参照ください。
香港の旧正月、2016年は2月8日・9日! 
旧正月に香港人が食べる縁起のいい料理
香港人が押し寄せる金運の木@タイポー ラムチュン(新界)

スポンサードリンク