スポンサードリンク

 

 

 


映画のレイティングの内容


日本でもよくあるように、未成年が見れない映画や、暴力、セックス、麻薬など、残酷なシーンが多い映画などは年齢によって、見れたり、見れなかったりする。アメリカでは映画のレーティングのシステムが映画協会で定められている5つの基準があります。

movie-rating-explanationこのような標識が映画館の端っこにあったりしますが、意外と皆さん見落としがちなので、説明しておきます。

 

見せたからと言って犯罪には発展しませんが、こういった子供が見ない方が良さそうと判断されて表示されていますので、気を付けてください。確かに、親同伴であれば見ても大丈夫なものもありますが、育ち盛りの子供たちにとっては過激なシーンなどは教育的に私は見せるべきではないと思っています。

5段階で分けますと、絵でわかりやすいように説明いたします。

5d98b6deb28803f0b9268a6b5978d97dまず、G 小さい子供が見ても問題ない。

次に、PG 子供向けではない。問題となるシーンが含まれているので親の指示のみしたがって見る事。

次に、PG13 13歳未満の子供には過激すぎる内容になっている。

次に、R 17歳未満には過激すぎる内容となっている。こちらは保護者同伴でなければ映画も入場できません。

最後に、NC 17 17歳未満 閲覧禁止! 内容が性的なものや悪い言葉が多く含まれ、暴力的なシーンが多い。

このように段階で子供がいる際にも見る前にきちんと注意をして鑑賞してください。アメリカの映画では過激なものが日本に比べると非常にレベルが高いので、私的に、子供と一緒に親同伴でも見ない方が良いのではないかとすごく思います。

性的なものを早くから見せることで、子供の性の早熟化につながってしまします。性的関心が早く訪れることはあまり良くないことです。

学歴低下やキレやすい子供にも繋がってしまいますし、暴力的な発言の映画で真似してしまうことも多いので、気を付けましょう☆

日本でも海外映画をレンタルする際にも気を付けてほしいところです。

 

 

 

スポンサードリンク