Photo: Bev Sykes from Flickr

1

Photo: Bev Sykes from Flickr

 アメリカ各地の球場では沢山のフードスタンドが立ち並び、観戦客は思い思いにスナック・食事・ドリンク等を購入し、試合と一緒に楽しみます。場所柄か球場グルメは味が濃いものが多めです。ハンドルキーパーでない場合は同じく球場内で購入できるアルコールと一緒に楽しむ人々も多数。その中から一つ、やみつきになってしまう球場グルメをご紹介します。

もはや定番といっても良いメニュー「ガーリックフライドポテト」は、その名前の通りカラッと揚げたフライドポテトに、小さく刻んだガーリックとソースを和えたものをかけた食べ物です。トッピングには粉チーズとバジルで、炭酸やビールがぐいぐい進んでしまう味付けになっています。暑い時期にも寒い時期にもつい食べたくなってしまうこちらのメニュー、球場と全く同じという訳ではありませんが、自宅でも再現が可能です。

 

材料は冷凍フライドポテト、にんにく、バジルかパセリ、オリーブオイルかバター、塩、必要に応じて揚げ油。フライドポテトはもちろんジャガイモから作っても良いのですが、おつまみ用ということでパパッと用意できる冷凍のものを採用しました。最近は電子レンジで調理できるものもあるので、必要に応じて使い分けましょう。ポテトを調理しているうちに、皮を剥いたニンニクを小さく刻み、パセリかバジル、バターかオリーブオイル適量、好みで粉チーズを大きめの耐熱容器に入れて混ぜ合わせます。和えソースが出来ましたので、そこにポテトを投入してざっくりと絡めます。絡めたら容器ごと電子レンジか、トレーに移してオーブントースターで再度加熱します。和えソースが良い感じに溶けたら取り出し、塩で味を調えて完成です。

 

手軽に作れてどんどん食べられるおつまみレシピですので、是非お試しください。もちろんスナックや夕食のおかずとしても美味しくいただけます。こちらは簡易版のレシピになりますが、ネットで「garlic French fries」と検索すればオーブンを使ったもっと本格的なレシピも沢山出てきます。是非ご賞味ください。