イギリスの語学学校に通っていたときのこと。

スポンサードリンク
 

 

コミュニケーションクラスというクラスの授業は、生徒同士の会話ができるように、

部屋の壁に沿ってオレンジのソファーが置いてあります。

 

 

ここがその教室。

 

部屋の中はとても広くて日本でいうと20畳ぐらいでしょうか。

天井も高くて声もよく響きます。

 

 

 

とても居心地のいい部屋でした。

 

 

 

向かいのソファーに仲のいい友達が座っていて、ガムちょうだい、と私が言うと

こんな広い部屋の向かいからガムを投げつける・・・なんて雑なあげ方なんでしょうか。

ま、基本的に私より若かったクラスメイトだし、学生だったので、私も何歳か若返った気持ちでした。

 

まあそれはそれとして、そんなこんなしながら、先生と授業が始まるのを待っていると、

続々ととクラスの人たちが入ってきました。20人ほどでしょうか。

 

 

 

私はこの授業がどうしても好きになれなくて、向かいにいる友達に

 

 

 

あ~ I don’t like this class. It’s boring.

(このクラス好きじゃないんだよね。つまんない)

 

 

 

教室中に響く声で言った。

 

 

 

 

そのクラスが好きじゃないのは少なくとも私だけじゃない。。

同意してくれる人がいる前提で話してたけど・・・

・・・

 

なんとなくその場の空気が固まり始めたことに気づく。

 

 

・・・

What ?(思っただけ)

 

 

 

なになになになになになになになに(((( ;°Д°))))

こんなにシーンと場が静まり返るのは久々の感覚でした。

外国でもこんな空気になるんだと、、、気づきました。

・・・

 

 

わけが分からずきょろきょろしてみると・・・

 

 

!!( Д)!!え!!!!!!!

 

 

 

 

せんせー、そこに居たのね・・・(°д°)

 

いつもならホワイトボードの目の前の椅子に座る先生。

その日は、入り口すぐのソファーに座っていた。

 

 

 

 

そのソファー(先生の目の前)を通り越して、少し先の同じ並びのソファーに座っていた私。

 

 

 

30代(恐らく)で160cm程しかないイギリス人の先生はうつむいたままソファーに座っていた。

 

 

 

 

まるで「あしたのジョー」だった。。。

 

 

 

 

とっさに友達を見て、

 

『Ah! The last class!! I don’t like the last class!!ahahahah..haha』

(前のクラス!前のクラスあんまり好きじゃない・・んだよね、あははは。)

 

 

こんなに下手な言い訳が通用するとも思ってなかったけど、もうどうようしようもなかったんです。

 

・・・

 

 

先生、ごめんなさい・・・。

 

 

陰口はやっぱりいけませんね。

 

それ以来、その先生と目を合わせられなかったのは言うまでもありません。

スポンサードリンク