地中海諸国の猫スポット【5】モロッコ(1)

DSC_0119 by Jeremy T. Hetzel

地中海エリアの猫スポット特集、今回は5回目となります。「猫の国」として最近注目のモロッコから、2回に分けてご紹介!前回の記事「地中海諸国の猫スポット【4】チュニジア

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


モロッコの魅力


14313115194_d0bc023f94_k

Geometric Tiles, Mosque of Moulay Idriss, Morocco by Dimitry B.

北アフリカ西部に位置するモロッコ。北には地中海とスペイン、西には大西洋、南にはアトラス山脈とサハラ砂漠があります。ひとつの国で海・山・砂漠を楽しめること、古代ローマからイスラム化以降の歴史的な建造物を見学できることから、その多彩な魅力により「虹の国」とも呼ばれています。

ヨーロッパとの関わりも深く、スペインとは領土を取ったり取られたりする中で主に建築文化で影響を及ぼしあいました。1920代から1956年まではフランス植民地となっていたため、フランス文化の影響も受けています。

歴史ある街が多く、8つがユネスコ世界遺産に登録されています。(フェズ、マラケッシュ、アイット・ベン・ハッドゥ、メクネス、テトゥアン、ヴォルビリス古代遺跡、エッサウイラ、マザガン)


カサブランカ


4558796782_552be32f93_b

P1070885 by Adam Sporka

スペイン語で「白い家」を意味するカサブランカはモロッコの玄関口でもあり、経済の中心地の大都会です。路地やメディナに入るとあちこちに野良猫の姿を見かけます。

22397413148_6c41b898a9_k

Street Art in the Medina by Sam Nabi

メディナの壁に描かれたストリートアートにも猫の姿が。

 


ラバト


87457012_571cde777a_bUntitled by Rosino

モロッコの首都であり行政の中心都市ラバト。日干しレンガの城壁に囲まれた旧市街はユネスコ世界遺産に登録されています。

TOSHIBA Exif JPEG

Ceremonial Gate by Hunda

王宮もあり、庭までは入場見学することができます。

331256892_71fb0586d9_b

DSC_0119 by Jeremy T. Hetzel

パステルカラーの旧市街としてはシャウエンがよく知られていますが、首都ラバトにもあります。ウダイヤ庭園の出口の近く、ウダイヤのカスバの石段では、よく猫を見かけました。

15677365304_92dd0ba578_k

Cat Feeder by jjmusgrove

野良猫に餌をあげる猫おじさん。モロッコの人は洋服もよく着ていますが、民族衣装ジュラバも日常的に着用されています。

 


シャフシャウエン


23319645151_a0f1895986_k

Chefchaouen by cat_collector

パステルブルーの家並みが集まるシャウエン。ジブラルタル海峡の内陸にあり、1920年から1956年まではスペイン領でした。

16261052199_297866bf5a_k

Untitled by miru –

迷路のように入り組んだ旧市街は猫にとって住みやすいところ。あちこちでくつろぐ姿が見られます。

 


メクネス


ラバトとフェズの間に位置するメクネス。モロッコワインの産地として知られています。王様ムーレイ・イスマイル廟は異教徒も内部を見学できます。郊外にある聖人ムーレイ・イドリス廟のある町とローマ遺跡ヴォルビリスが主な観光スポットです。

85722591_0a1a6d2655_b

Meknes [2006] by Rosino

メクネスのエディム広場。夕方から屋台が出るようですが、昼間は猫たちの休憩場。

 

 


フェズ


8624668673_3523ffeba0_k

Fes’ Medina by wingpix

フェズは迷路のような旧市街メディナで知られています。古くからサハラ交易の中心地として栄え、過去のイスラム王朝において何度も首都となりました。

23407451762_26aa3c6055_k

cat156, cat157, citizens of Fes by cat_collector

伝統的な家の玄関にたたずむ猫たち。

 

地中海諸国の猫スポット【5】モロッコ(2)に続きます。

関連記事(個人サイト) 世界の面白看板【1】モロッコ編  モロッコの車窓風景を思い出させる映画

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」