地中海諸国の猫スポット【6】モロッコ(2)

 

Fisherman’s friends by Michael

「地中海諸国の猫スポット」特集、今回はモロッコ(2)です。地中海の国々の中でも、もっとも猫に出会える国がモロッコ。今回はアトラス山脈からサハラ、古都マラケシュからご紹介! 前回の記事

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


タンジェ 


5502153217_a7311d7de1_b

Tangeri by Luca Conti

ジブラルタル海峡の港町タンジェ。フェニキア人によって築かれた歴史ある町で、20世紀前半以降は世界の文化人や富豪が別荘を構えるリゾートとなりました。

23171350162_3a81419484_k

Café Baba, Tangier by cat_collector

カフェの椅子で居眠りする猫。

モロッコではカフェ文化が発達していますが、男性の社交場とされており、女性や子供だけでカフェに入ることはないそうです。(観光地で外国人旅行者の場合は別ですが)

 

 


カスバ街道 アイトベンハッドゥ


588071549_476b0a0ce9_b

Ait Benhaddou Qsar by Maureen

カスバ街道で一番人気の集落、アイトベンハッドゥ。映画「グラディエーター」の撮影にも使われた日干しレンガの家が集まるクサルです。建物の中には現在でも人々の生活が営まれています。

2599322063_5c9433bcc8_b

Katzen by Hydroxy

住居の中にはカーペットが敷き詰められ、その上で暮らしています。猫の家族も一緒。

 


アトラス山脈、ティシュカ峠(標高2,200m)


3003409403_b337f1c55c_b

Col du Tichka, the High Atlas by Jon Lean

アイトベンハッドゥからマラケシュに向かうにはハイ・アトラスを越えて行かなければなりません。モロッコの道路最高地点であるティシュカ峠は標高2260メートル。峠には小さなカフェ・レストランとお土産売店があるのみで、いつも冷たい強風が吹いています。夏以外は積雪が見られます。

5568687810_a1f334688a_b

Tizi n’Tichka pass by gailhampshire

寒いため、戸外では猫の姿はほとんど見かけません。(バスの運転手さんからもらうパンをあてにした犬は数匹います)

8585215757_d2c4689eeb_k

P3183341 by Anders Fongen

アトラス山脈で猫に出会えるとしたら、建物の中。昼食で山中のレストランに立ち寄ったらチェックしてみてください。


マラケシュ


15859549151_ee86418bbd_k

Baskets for sale Marrakech – Sept 2014 – 7 by Andrew Nash

アトラス山脈のふもと、バラ色の古都として知られる世界遺産都市マラケシュ。「南の真珠」と呼ばれる美しい町です。

3003961344_2388c9e72b_bCat in Saadian Tombs, Marrakech by Jon Lean

16~17世紀のサード朝の王家の墓所。王や后の墓は建物が作られていますが、庭には家臣たちの墓が並んでいます。

2845709134_d0d1c84d82_b

Marrakech 2007 by Niels Broekzitter

メディナの前のジャマエルフナ広場。昼間は大道芸人が集まるお祭り広場として賑わい、夕方以降は食べ物屋台が集まります。食べ物のあるところには当然猫もやってきます。

 


その他


6811227546_837c111296_k

Fisherman’s friends by Michael

大西洋岸の港町、魚網でくつろぐ猫と戯れる漁師さんの満面の笑み。

モロッコには他にも魅力的な必見観光スポットが多いのですが、今回は「猫に出会えるスポット」のため、ご紹介していません。

 

以上、6回にわたって「地中海エリアの猫」をテーマにご紹介しました。猫好きな方が地中海世界に行かれる時は要チェック!

関連記事(個人サイト) 世界の面白看板【1】モロッコ編 モロッコの車窓風景を思い出させる映画

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」