バリ島での休日の過ごし方をご紹介!比較的低価格で行けるリゾート地には魅力がいっぱい!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


海が綺麗なのは知ってるけど・・・・

バリ島に行く理由が見つからない!?


バリ島とはよく聞くと思うのですが、皆さんはバリ島がどの国にあるのかご存知でしょうか?なんか、アジアの南の地区にあるのは分かるのですが、あまりピンとこないかたも多いと思います。

実は、バリ島はインドネシアにあるのです。良く旅行会社のパンフレットで比較的安く滞在可能ではという感じで思っていて、しかしなかなかバリ島に行こうと決断がつかない人がほとんどと推測します。その理由は、行くための強い動機が見当たらないからと思います。今回は、バリ島でどのような休日を過ごせるのかをご紹介したいと思います。6230149298_c55d04151e_z出典:pool sunset by marfis75

バリ島は美しい夕日のスポットとして知られています。その地域は、「クタ・レギャン」という地域です。また商業都市としては、「デンサバール」が有名で、活気に満ちあふれています。クタ・レギャンは、3大聖地の一つでしたが豪快な波を求めてやって来たサーファーたちによって、サーフィンのメカになり、多くの観光客が訪れるようになりました。

観光客が増えるにつれて、まちが少しずつ発展しレストランやホテルが立ちはじめ、小さな漁村から観光地へと変化しました。最近では、新しいショッピングモールができ、古い街並みから最近のモールまであり面白い場所です。1出典:http://blog-imgs-34.fc2.com/n/o/n/nonachempaka/DSC02371.jpg

 

デンサバールは、県庁所在地でもありバリ島最大の商業都市です。市場では、野菜果物などや、日用品、香辛料などの商品が販売されており、常に商品を運ぶトラックや輸送をする人々で渋滞しています。郊外には、官公庁や大きなデパートがあり交通量の多さには想像を絶するものがあるかもしれません。観光地ではありませんので、観光客として訪れることがないでしょうがバリ島の拠点になりますので、一度は訪れる機会があると思います。

 

最後に、インドネシア人はすごく親切ですのでコミュニケーションを簡単なインドネシア語でとってみてはどうでしょうか。外国語というと英語以外は、ほとんどの方は馴染みがないと思いますが挨拶程度や簡単な意思表示を表す言葉を使用してみることで、旅行の楽しみや新たな経験ができるのではないかと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Sato777

サッシーです。海外留学から日本に帰ってきて日本の生活になじむのも結構大変だなと認識している今日この頃です。いろいろなことに興味があって、クリエイティブな発想(奇想天外?)と行動力(フリースタイルでよく脱線)で新しいことを創造していきたいですね!よろしくです^^)