見栄を張りたい方必見!『お金持ちだと思わせる方法』10選 (後半)

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 


海外セレブのような暮らしがしたい!

〜憧れを現実に〜


もし本当にその気になれば、世界中を欺き大富豪だと思わせることだって可能です。堂々とした振る舞いが肝要です。

今記事は以下の記事の後編になります

見栄を張りたい方必見!『お金持ちだと思わせる方法』10選 (前半)

多少の自己犠牲(費用と努力)が必要です。リッチを装うのは楽なことではないのです。

 

 

5.ワインに関する薀蓄


名称未設定196出典:The Richest.com

 

これもブルジョアならではの一面です。もちろん高級ワインが対象です。ワインがサーブされたら「オークの香りからカカオのフィニッシュ」などと薀蓄をひけらかして周囲を圧倒します。ありがちなお金持ちの作法ですから。

また同席の人々の好みだけを聞き、お勧めをワインをオーダーします。これもお金持ちの証です。

 

 

4.電話が鳴り続け


名称未設定197出典:The Richest.com

「すまない、仕事の電話だ。全く失礼なことですが、仕事は待ってくれないんだ。」というのはリッチマンの決まり文句です。このセリフを、例えディナーやパーティー中でも「必ず」電話に出ながら、部屋中の人に聞こえるように言います。

席を外したりすると、ますます周囲の人は大きな取引があるのだと勝手に思ってくれます。

もう一つのコツは笑顔で席に戻って、「一件落着だ」などと一言つぶやいてみせます。電話の要件を尋ねられても、いかにもありそうな話をすれば疑われることはありません。

 

3.高価なペット


3384888065_7b40a855b0_z
出典:Toy poodle トイプードル ショコラ 3/25/2009 by Yasuhiko Ito

「手のかかるラブラドールと、裏庭に子供たちが世話してるラマがいるんだ。後は、割と珍しい3ヶ国語を話す青いオームを飼ってるよ。」本当は犬と鳥がいるだけなのに、この言い方をするとみんなだまされます。とにかく、いかにも本当そうに話すことです。

 

 

2.「いかにもバケーション」


5127827994_18fe04fb53_z出典:Jeda Villa Bali by Jeda Villa Bali

「あ、失礼。8月1日から9月21日まで留守なんです。アパラチア山脈あたりをハイキングして、最後の2日間くらいはコズメルでのんびりしようと思っているので。だから、その間はつかまらないと思います。」

実際には、家にいるにもかかわらずみんなは留守と思うでしょう。年に2、3回「いかにもバケーション」をとることにすると、誰もが贅沢三昧そのものの生活を送っていると思ってくれます。

 

1.絶対にスカーフは外さない


名称未設定200出典:The Richest.com

写真の事例の通りリッチで気取った人々は絶対にスカーフを外しません。いつもの格好に合わせたシルクのスカーフを1-2枚買って、どこへ行くときもそれをつけて行きます。実際、どこへでもスカーフを巻いていくリッチな男性がいれば、人はそういうものとして受け入れてしまうものです。

という訳で、どこへ行くにもスカーフをつけていると周囲が無意識のうちに変化をお越しはじめるのです。「あの人リッチに違いないね。でなきゃあんな馬鹿げた格好しないからね。」という具合です。

 

 

スポンサードリンク
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

BAZINGA!

大学卒業後南カリフォルニアの某大学へと留学。2年後帰国して、広告、プロモーション、企画開発、貿易と数社を渡り歩き実家の会社を継ぐも、フリーランスの虫が治まらず翻訳・ライターとして孤軍奮闘しています。 “現在、シェルドン・クーパー博士(カリフォル二ア工科大)と論理物理学による宇宙の法則解明中です。”・・・ BAZINGA !