ドイツのクリスマスマーケット巡り【2】 ニュルンベルク(1)

Christkindlesmarkt_Nürnberg_im_Schnee2 by Tourismus Nürnberg

クリスマスマーケットといえばドイツ。2500もの都市や町が、それぞれの規模でクリスマスマーケットを開催しています。世界一有名と言われるニュルンベルクのクリスマスマーケットについて、2回に分けてご紹介します。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


ニュルンベルクってどんな町?


ドイツ南部バイエルン州の北部に位置しています。バイエルン州第二の都市であり、フランケン地方の文化・経済の中心地のひとつです。

かつて神聖ローマ帝国皇帝の町として栄え、城壁で囲まれたドイツの中世都市として最大規模となりました。第二次世界大戦で旧市街は壊滅状態となりましたが、戦後の復元努力によって中世の街並みが蘇りました。古城街道を代表する街でもあります。

 

カイザーブルク城


14813644960_4088b1766c_b

Nürnberg by Norbert Staudt

神聖ローマ帝国皇帝が滞在したお城です。戦災を免れ、15世紀~16世紀当時の建築が残っています。カイザーブルクのテラスから旧市街を一望することができます。

14813703289_17acc1c0c1_b

Nürnberg by Norbert Staudt

 

職人広場 Handwerkerhof


10208759813_fcecaad176_h

at Handwerkerhof Nürnberg by markus jakobs

旧市街入り口付近に中世の職人街が再現されています。木骨組の家々はカフェ・レストラン・お店になっています。

 

聖ローレンツ教会


4163617884_3373b45959_b

2003-10-31 11-02 Nürnberg 052 Lorenzkirche, Englischer Gruß von Veit Stoß by Allie_Caulfield

13世紀~15世紀のゴシック様式の教会です。聖域天井から下がっている「受胎告知」のレリーフは名彫刻家ファイト・シュトスの手によるもので、ドイツ宗教美術の傑作とされています。

 

ハウプトマルクト広場


4205117699_91ae5b9225_o

Christkindlesmarkt_Nürnberg_im_Schnee2 by Tourismus Nürnberg

4205876220_c028e5b3ae_o

Christkindlesmarkt_Nürnberg_Frauenkirche2 by Tourismus Nürnberg

旧市街の中心はハウプトマルクト(Hauptmarkt)広場で、14世紀に建てられたフラウエン教会、「美しの泉(シューナーブルネンSchöner Brunnen)」という噴水塔があります。

 

2506011308_fa033e3faf_o

Nürnberg – Schöner Brunnen by Roger W

美しの泉の柵についている金の輪っかは継ぎ目がどこにもないという謎の輪で、この輪を左に3度回しながら願い事をするとかなえられると言われています。

 

フランケンワイン


8005517493_db59f197a6_o

Frankenwein by Alexander von Halem

フランケン地方はライン、モーゼルと並ぶドイツワインの産地で、ボックスボイテルと呼ばれる独特の形の瓶に入っています。辛口の白ワインがほとんどですが赤ワインも生産されています。

 


「世界一有名」ニュルンベルクのクリスマスマーケット


468772037_81b7a66aca_o

Christkindelsmarkt Nürnberg by Norbert Blech

ドイツ中で行われるクリスマスマーケットの中で、「世界一有名」「世界一外国人旅行者に人気」なのがニュルンベルグのものです。

ドイツ観光局が行ったアンケート「外国人旅行者が選ぶドイツの観光名所ランキング100」では52位にランクインしています。クリスマスマーケットとしては1位となりました。ドイツ国内・国外から、毎年200万人もの観光客が訪れると言われています。

 

クリストキントレスマルクト(Christkindlesmarkt)


クリスマスマーケットの一般名称は「ヴァイナハツマルクト(Weihnachtsmarkt)」ですが、ニュルンベルクではクリストキントレスマルクト(Christkindlesmarkt)と呼んでいます。

3107615126_eb39235272_b

Nuernberger Christkind by Marcus Meissner

クリストキントとは「おさな子キリスト」を意味します。2年に1度、16才から19才の少女の中からクリストキントが選ばれ、クリスマス市のシンボルとされます。クリストキントや天使のモチーフがあちこちに飾られるのがニュルンベルクのクリスマスマーケットの特徴です。

 

次回はいよいよ、クリストキントレスマルクトの賑わいを美しい画像とともにご紹介します!

個人サイトでもクリスマス関連記事を書いています。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」