OLバックパッカーinエジプトカイロ〜カイロは観光しにくい街?〜 

Cairo, Egypt by Bakar_88

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


カイロは観光しにくいからこそ

ここからスタートするべし!


カイロはとても大きい街です。交通の便がいいわけでもないので、歩いて回れるような小さい街が好きな私にとっては、正直観光しにくいです。

その中で唯一小さくまとまっていて観光しやすい場所がオールドカイロです。メトロのマル・ギルギス駅からすぐなので、エジプトに来たばかりで慣れてない人でも回りやすく、カイロ観光はまずはここからスタートするのもお勧めです。

 

オールドカイロはカイロ発祥の地であり、カイロ以前の首都フスタートがあった場所です。また、この地域には多くのコプト教徒(キリスト教の一派)が住んでいます。なので、他の場所に比べてヘガーブ(イスラム教徒の女性が髪の毛を隠すためのスカーフ)を被っていない女性が多かったです。もちろん、イスラム教徒でも被っていない人はいるので全員がコプト教徒というわけではないと思いますが。

 

駅を降りると目の前にコプト博物館があります。正直、日本人にとってコプト教と言われても全く馴染みがないと思うのですが、この博物館には多くの見応えのある美術品が収蔵されており、コプト教はどういう宗教なのかというのを学ぶことができます。

 

コプト博物館の周辺には教会が密集しているので、ぐるっと見て回りましょう。

まず、目を引くのが大きなドームを有した聖ジョージ教会です。kairo

一見するとモスクみたいですが、ギリシア正教会の教会です。教会というと、一番前に祭壇があって、長椅子が平行にずらーっと並んでいることが多いですが、こちらはドームになっているので、半円状に椅子が並んであり、独特なデザインでした。

 

また、ちょっと不謹慎かもしれませんが、教会入り口付近は、風がよく通るので暑い日の観光の一休みにもぴったりです。

 

聖ジョージ教会の横に地下に降りる階段があり、そこから聖セルジウス教会や聖バーバラ教会、ベン・ズエラシナゴーク等に行くことができます。この細長い石畳の道がまた風情があって気分が盛り上がります。

 

コプト博物館南側にはムアラッカ教会があり、モザイク画や内部装飾が美しいので建築好きな人にお勧めです。

 

教会の密集する地区から、少し歩くとアフリカで最初のイスラーム寺院

(現存の建物は13世紀以降に再建されたもの)でカイロのモスクの中でも最大級であるガーマ・アムルというモスクもあます。kairo1

ちなみに、このモスクに行く間にスーク・フスタートというお土産物屋さんがあります。陶芸やガラス職人を集め「第2のハーン・ハリーリ」を目指して作られたそうなのですが、残念ながら閑散としていました。

 

見所が集中しているので、3時間あれば見て回れますし、さらに時間があればこのオシャレな橋を渡ってローダ島へも行けます。kairo2

町歩きが好きな方、歴史や宗教に興味のある方は是非訪れてみてください。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Mei

Meiです。学生時代は中国語にはまり北京と天津に留学していました。初海外が中国留学だったのでいろんな意味で鍛えられたと思います。社会人になってからは、長期休暇の際は海外旅行に行くようになり、OLバックパッカーとして35カ国回りました。2015年春に7年間勤めた会社を退社し、2015年8月よりエジプトのカイロで生活することになりました。いろいろと不安はありますが、とりあえずやってみるがモットーなので、ハプニングも楽しんでいこうと思います。