エジプト「海外安全情報」2015年10月末

 

引用元:海外安全ホームページ: エジプト | Egypt > 危険情報・スポット情報・広域情報

前回の記事では、「エジプトツアーが再燃しそう!」という記事を、

観光業復興を頑張っているエジプトの旅行関係者への応援の気持ちをこめて、書かせていただきました。

エジプトは世界でも特別な場所で、エジプトでしか見られないものも、

日本人にはあまり知られていない魅力的なエリアも、たくさんあります。

しかし、安全情報には、常に十分な注意が必要です。

今回は、外務省と在エジプト日本大使館からの安全情報をご紹介します。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


日本国外務省「海外安全情報」


2015年10月24日現在、日本国外務省「海外安全情報」によります。

2015T061_1_Detail

 

引用元:海外安全ホームページ: エジプト | Egypt > 危険情報・スポット情報・広域情報

 

主な観光主要都市 


ギザ・カイロ・ルクソール・アスワン・アブシンベルなど、

エジプトツアーで行くような観光主要都市は「レベル1:十分注意してください」となっています。

地中海岸のアレキサンドリアも日本人ツアーがよく行く場所ですが、現在は「レベル2」です。

2216756909_4d46dac5f6_b

Egypt-14A-141 – Montazah Lighthouse by Dennis Jarvis

アレキサンドリアをのぞき、日本からの添乗員同行ツアーや、エジプト到着から出国までスルーのローカルガイドをつけている個人旅行者であれば、通常の観光コースは問題ないと思われます。

ただし、情勢の変化や不測の事態はまだ予想されますので、添乗員やガイドの指示には従ってください。

完全に個人旅行で行き、エジプトで案内人なしで滞在や周遊しようとしている人は、ちょっと心配です。

最新情報が入ってこない、何か起きた時にフォローしてくれる人がいないからです。

信頼できる旅行会社で案内人を手配し、「誰にも頼れない状況」にならないように気をつけることをおすすめします。

 

その他の広域


「レベル2:不要不急の渡航はやめてください」

エジプトをローカルバスで縦断しよう、などとは考えないでください。

安全面に心配があければ、バスで行けない距離ではないところが、無謀なチャレンジを誘いそうで心配です。

Googleマップでの計測だと、カイロからルクソールはバスで7時間程度、約641kmで、

バックパッカーなら「バスで行ってみよう」と思いかねない距離ですが、

現在はそれをおすすめできない治安情勢です。

 

シナイ半島と西部国境周辺


 

「レベル3:渡航はやめてください(渡航中止勧告)」となっています。

 

5461388070_d6083e2532_b 

Sinai Peninsula 2010 by Thomas Depenbusch

「十戒」の舞台となったシナイ半島の内陸部にあるシナイ山はエジプトの主要観光地のひとつでもあり、

朝日の名所でもあります。年始にはシナイ山に登って初日の出を見よう、というツアーも昔、添乗したことがあります。

今年は不可能ですね。そのためか、その旅行会社は現在、エジプトツアーの設定がありません。

 

紅海のリゾート地シャルム・エル・シェイクは「レベル1」


となっていますが、ここに行こうと思ったら、飛行機しかなさそうです。

2056153184_2156bd648d_b

Dahab, Sinai, Egypt by jay8085

エジプトでリゾート滞在だけを目的に行く日本人は少ないと思いますが…それにしても、危険地域と近接しているので、おすすめできません!

カラフルな魚を見られるダイビングスポットがある場所なのに、残念です。

 


在エジプト日本国大使館の報告から


 

9月下旬・カイロで爆弾事件


日系企業オフィスが近くにあり在留日本人が行くことも多いエリア、モハンデシーン地区で、

2015年9月に爆弾事件があったそうです。

スフィンクス・スクエアすぐ近く(アハマド・オラビ通りのエジプト外務省ビル付近)で、バイクに乗った2人組の男が手製爆弾を投げ、警察官など2名が負傷したとのこと。

 2.在留邦人の皆様におかれましては、引き続き、政府関連の施設、警察等治安当局・国軍関係の施設や同施設を警備している警察官・警備員に近づかない等、不測の事態に巻き込まれないよう注意してください。  

スフィンクス・スクエア直近での爆弾事件に関する注意喚起(平成27年9月21日付) 在エジプト日本国大使館HP

 

西部砂漠エル・ワーハでエジプト治安部隊誤射により観光客死傷 


2015年9月13日、警察と軍の合同部隊が西部砂漠のエル・ワーハ(Al Wahat)地区でテロリストを追撃中、

メキシコ人観光客らが乗っていた4台の車両をテロリストと誤認し発砲、

エジプト人とメキシコ人を含む計12死亡、10人負傷。

エル・ワーハには観光地もあるが、テロリストの拠点でもあり、警察と軍による対テロ作戦が行われることがある。

2014年10月より、エジプト観光協会は所属の旅行会社にむけて、西部及び南部方向への全ての砂漠旅行を中止するよう通達。

2014年10月22日以後は白砂漠方面のみ旅行可能(砂漠内でのキャンプは禁止)

3.これらを踏まえ、且つ、西部及び南部の全ての砂漠は「海外安全情報(危険情報) レベル2」が発出されておりますので、在留邦人の皆様におかれても、右砂漠への不要不急の渡航は避けるようにしてください。

エジプト治安部隊の誤射によるメキシコ人観光客ら死傷事件に関する注意喚起(平成27年9月14日付)在エジプト日本国大使館HP

個人旅行者は、

(1)政府関係、警察など治安当局、エジプト軍関係の施設、それらの施設を警備している警官やガードマンに近づかない

(2)エジプト西部・南部の砂漠には行かない

(3)その他、情勢の変化や不測の事態に備え、情報収集と周囲の変化の観察を常に怠らない

などの注意をしてください。

 

Fish mongers in the old Islamic quarter of Cairo, Egypt.

Fish mongers in the old Islamic quarter of Cairo, Egypt.

Fish Mongers by David Stanley

日本人旅行者がたくさん訪れるのをあてにしていたエジプトの旅行業者、とくに日本の旅行会社との提携のない、個人旅行者だけを客層にしていた中小の旅行会社は、とても困っているようです。安心して個人旅行が楽しめる、安全なエジプトになることを願います。

エジプト関連記事(私の個人サイト)
エジプト観光案内動画をピックアップ!Nice Videos about Egypt Tourism 
◆エジプト・バハリヤオアシス 
エジプトから画像プレゼント【2】壁掛けの機(はた)織物

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」