エジプトツアー再開しています!今年からまた旅行者増加?

引用元:Egypt-12B-088 by Dennis Jarvis

ナイルの岸に広がる肥沃な地、悠久の歴史に出会える神秘の国エジプト。

世界中から観光客を集める人気の国でしたが、

2011年の民主化革命「アラブの春」以来、エジプトへの渡航者数は激減してしまいました。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


過去のテロ事件


その前に旅行者が大幅に減ったのは、

エジプトで外国人への無差別テロ事件が続いた1997年以降でした。

ルクソールの定番観光スポットである「ハトシェプスト女王葬祭殿」での発砲事件では、

日本からのツアー旅行者と添乗員の合計10名を含む、

各国からの旅行者61名とエジプト人警官2名が命を落としました。

2216588681_587834ca28_b

引用元:Egypt-4B-019 – Temple of Hatshepsut by Dennis Jarvis

その後、エジプト政府は治安改善につとめ、

エジプト政府観光局がテレビCMを製作して外国のテレビ放送で流すなど、

旅行者を取り戻すための努力を行いました。

結果、今回のクーデター直前の2010年には、

年間約1470万人の海外からの旅行者を迎えるまでにツーリズムは復活していました。

 


エジプト政府観光局担当者の談話


最近、またエジプト政府観光局制作のCMを目にするようになりました。

今回も、時間はかかっても、エジプトへの観光客は戻ってくるでしょう。

実際、ロシアからエジプトを訪れる観光客はクーデター前よりも増加しているそうです。

その他、イギリスやドイツ、インドからの旅行者が多いそうです。

 

5570557472_aa682e32c8_o

引用元:egypt_walk01 by Great East Japan Earthquake (MOFA, Japan)

日本人観光客の復活は遅れています。

「ツーリズムEXPOジャパン2015」のために来日したエジプト政府観光局担当者の談話によると、

日本人旅行者数 年間約12万6000人(2010年)→年間約1万2000人(2014年)

ほぼ90%減となっています。

2015年上期(1月~7月)は前年比の約54%増となっています。

参考:日本人観光客90%減! エジプト観光の今を観光局の担当者にあれこれ聞いてみた”

画像は、東日本大震災のあと、エジプトで行われた被災者への「お見舞い行進」だそうです。

 


2015年~2016年は日本人のエジプト熱が再燃しそう!


日本人旅行者は世界情勢に敏感です。

特に旅行会社が主催するツアーの場合、トラブルが発生した場合に責任を問われることもあるため、

催行決定にはかなり慎重にならざるを得ません。

4001309894_22a5636e11_b

egypt by M M

しかしながら、2014年頃からエジプトツアーの再開の動きがあり、

現在はJTBは設定なし、クラブツーリズムは催行決定ツアーも出ているなど、まだ足並みは揃っていません。

エジプト政府観光局の日本への働きかけに対しては大きな反響があったそうですし、

次に述べるイベントやテレビ報道の影響もはたらいて、そろそろ、エジプト熱が再燃しそうです。

 


エジプト政府観光局と協賛のイベント


2015年10月16日(金)〜2016年1月3日(日)

「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展」

 六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中です。

12036588_899070560148100_6333666979648946694_n

世界一のエジプトコレクションを誇る国立カイロ博物館の膨大な所蔵品の中から、「アメンエムオペト王の黄金のマスク」、クフ王の銘の入った彫像など、監修者の吉村作治氏が選び抜いた約100点を中心に展示。 ピラミッドが建設された古王国時代を中心に、ファラオや王家の女性、貴族の活躍、ピラミッド建設を支えた人々の暮らしなど、末期王朝時代までを紹介し、古代エジプトの世界やピラミッドの謎に迫ります。 エジプトでしか見る事のできない、ツタンカーメン王の黄金のマスクを世界で初めてケースから外して、4Kで撮影したシアターも必見です!

画像・文の引用元: Facebook 黄金のファラオと大ピラミッド展アカウントより

今日は代官山にあるエジプト大使館で行われたエジプト考古大臣による記念講演に行ってまいりました。立ち見が出るほどの盛況ぶり!「黄金のファラオと大ピラミッド展」絡みの来日でTBSの取材班も来ていました。

Facebook GATE OF AFRICA, LLCアカウントより

 


2015年12月だけのエジプト旅行特典があります!


ギザで旅行会社を営んでいるエジプト人の知人が教えてくれたのですが、

2015年12月の一ヵ月間だけ、エジプトカイロ考古学博物館内が撮影OKになるそうです。

(フラッシュ使用は禁止だそうです)

王家の墓の副葬品やミイラ、ツタンカーメンの黄金のマスクなど、エジプトを代表する博物館です。

(ツタンカーメンの黄金のマスクは修復中・いつまでかかるか未定です)

2667277712_3c5f3ec0ae_b

The Egyptian Museum in Cairo, Egypt by V Manninen

2015年12月01日(火)~2016年1月07日(木)までの期間に限り「エジプト考古学博物館」(The Egyptian Museum)での写真撮影を許可すると、エル・ダマティ考古大臣が発表いたしました。但し、フラッシュは使用禁止となります。しかし最近のデジタルカメラならば十分きれいな写真撮影が可能だと思われます。

 博物館や墓の内部での撮影が不可となってから、かなりの年月が経っています。

 次はいつこのような機会があるかわかりませんので、ぜひこの機会にエジプトにお越しください。

情報提供:エジプト日本旅行業連盟 (JTUE)、日本海外ツアーオペレーター協会

エジプト・カイロ、「エジプト考古学博物館」12月より期間限定で写真撮影可能に | 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン

 

エジプトに行くなら今年12月がチャンスかもしれませんね。

ただし、事前の渡航安全情報の確認はしっかりと、エジプトに着いてからも情報収集と用心は忘れずに!

次の記事では、2015年10月末現在のエジプトの安全情報についてご紹介します。

 

追記:

「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展」が2015年10月から2016年1月3日までなので、その期間(カイロの考古学博物館が写真OKの期間)に博物館に行っても、「日本に行っているので今はここにありません」というものもあります。  それにしても、全てを日本で公開展示できるわけではないので、チャンスにはちがいありません。 「黄金のファラオと大ピラミッド展」とカイロ考古学博物館の「両方」見るしかないですね!

 

 

エジプト関連記事(私の個人サイト)
エジプト観光案内動画をピックアップ!Nice Videos about Egypt Tourism 
◆エジプト・バハリヤオアシス 
エジプトから画像プレゼント【2】壁掛けの機(はた)織物

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」