ロサンゼルスのハイスクールを卒業した私の卒業式

Graduation by schwglr

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


卒業式@LA某ハイスクール

 


 

筆者はカリフォルニア州ロサンゼルスのとある中学校・高等学校を卒業しているのですが、アメリカの卒業式っていろいろな意味で面白いのです。

筆者は渡米のタイミングの関係で日本の小学校の卒業式に参加できていないので、今までの人生で日本での卒業式を一度も経験できていないことになります・・・少々勿体無い気がします。ということで、今回はとあるアメリカのハイスクールの卒業式について色々お話したいと思います。ちなみに筆者が卒業したのは3年ほど前になります。

名称未設定

ハイスクールの卒業式は大体6月上旬。ほとんどの生徒は米国内の大学に進学する為早い時期に進路が決定しており、卒業式前はわりと余裕があります。やはり卒業式といえばビッグイベント、式当日だけではなく、一ヶ月前くらいから卒業関連のイベントが盛りだくさんです。筆者卒業年には合法的に授業をスキップして学年でカリフォルニアディズニー、卒業プロム、卒業式後は秘密のパーティーへ。

どこの高校もこういったイベントで卒業式に向けて思い出作りをしていきます。上の画像はプロムの際にシェアしたリムジンです。人生初リムジンでした・・・。出費はなかなかの額になりますが、高校生活の最後を飾るに相応しいイベントばかり。1母校もまわりの高校も敷地が広いため、校庭で行われます。式の進行は日本の卒業式とあまり変わりませんが、卒業証書授与が非常にスピーディーです。というのも、どんどん名前が呼ばれ壇上でササッと手渡される卒業証書のケースの中身は空で、式のあとに別途受け取りいくことになっています。

最後はよく海外ドラマで見かけるように、角帽のタッセルを動かしたあと、空に向かって一斉に投げる!そんな感じでした。ちなみに角帽は投げた際どこかに行ってしまうので、みんな他人の角帽を持って帰っているような気がします。

 

日本の卒業式といえば涙涙の印象が強いのですが、どうもこちらの卒業式は季節柄もあるのか、とても明るく開放的な雰囲気です。その後はアフターパーティーに行くのですが、それは参加者には行き先が伝えられない・携帯持込禁止というルール。最後の最後に「うわ~流石アメリカ・・・」と思わずにはいられない、最高に驚かされたパーティーについてはまた別の記事で書きたいと思います。

 

 

 

 

スポンサードリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。