宇宙飛行士が見る夢は地球の夢?それとも? Part2

画像引用元http://spaceflightnow.com/wp-content/uploads/2014/12/kelly_kornienko_2_620.jpg (credit NASA)

宇宙飛行士が見る夢は地球の夢?それとも? Part2になります

宇宙飛行士が見る夢は地球の夢?それとも?Part1はこちらから 

 

 

アメリカ人宇宙飛行士がロシア人から学んだこと、ロシア人宇宙飛行士がアメリカ人から学んだこと

 

 

国際宇宙ステーションとのインタビュー開始

 

 

あなたたちは二人とも宇宙にきて4ヶ月ですがものすごく健康そうに見えますね。今のところ調子はどうですか?

 

スコット・ケリー: 今のところすごく順調です。宇宙に1年というのは長い期間だけど僕ら二人とも前に経験があるからいったいどのようになっていくのかだいたいわかるし、何より宇宙ステーションはすばらしいところだよ。実験器具は充実しているしここで何でもできる感じだ。あと200日ほど残っているがスムーズにいくだろうと確信している。

 

ミハイル・コルニエンコ: 私は宇宙は人を若くすると思うね!まあもちろん冗談だけど、一日2度は運動しているし、スコットの言ったとおり今回の1年ミッションは今までで最もすばらしいものになるだろうと確信しているよ。

 

 

ミッション前はお二人の仲はすごくうまく言っているとお聞きしたのですが、今もまだ大丈夫ですか?

 

スコット: もちろん、今のほうがより絆が深まったさ。いっしょに過ごす時間がとにかく長いので仲良くならざるを得ないよ。ここは友人を作るのにもってこいの場所だし、国際関係も築ける。それが宇宙ステーションのすばらしいことの一つだね。

 

ミハイル: もちろん今も友達同士さ、きっと死ぬまでね!

スポンサードリンク
 

 

 

今回のミッションの今までとの違いを挙げるならどのようなものになりますか?

 

スコット: 滞在期間に関してはユニークだと言わざるを得ないね、私達二人は普通のクルーメンバーよりもかなり長い期間任務についている。1年間を通して400以上の科学実験を行う予定だから6ヶ月間ステイする乗組員よりも任務が重いと言えるだろうね。でも日常生活においては他のメンバーたちとまったく同じだよ。

 

 

あなたたちは1年間を通していっしょに働いていますが、地球の人たちは何かそこから学べることがあると思いますか?

 

スコット: あると思うよ。ここは政治的には中立な領域だがとても過酷な場所だ。そして私たちはものすごく重要で難しい仕事を任されている。しかし科学実験からはとてもいい結果を得ている。学ぶことは本当にとても多いと感じる。

 

 

スコットさん、あなたはロシア人の人たちから何か学んだことはありますか?

 

いつも彼らからは学んでいるよ。とにかく経験があるからね。長期間の宇宙滞在の経験に関しては私たちよりも豊かだ。彼らは一定のことは別のやり方で行うけどね。彼らはもっと実践的なんだ。予算がNASAよりも少ないゆえに限られた資源で様々なことを成し遂げていく。見ていて感心するよ。

 

そしてミハエルさん、あなたはアメリカ人の人たちと作業して学んだことはありますか?

 

アメリカ人の人たちから学ぶことは本当に多いよ。まず彼らはすごく明確で、徹底的だ。特に作業の実行と目的の達成に関して。まだまだ学ぶことは多いと思うし、これからも毎日お互いに学んでいくだろう。

彼らはとてもフレンドリーで、私が少し怒っていたり落ち込んだりしていてもいつもアメリカ人の人たちはとにかく明るくて助けられてるよ。そこからもまた学べるかな。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。