画像引用元 http://news.worldcasinodirectory.com/seventeen-casinos-scheduled-to-open-before-2020-in-asia-pacific-8968

みなさんもすでにご存知と思いますが、日本では合法的にカジノをすることが未だできません。しかし、アジア諸国ではシンガポールをはじめマカオやその他の地域や国々でカジノはすでに合法になっています。マカオにおきましては、すでにアメリカのラスベガスを上回る売上を上げており世界で一番カジノが盛んな地域になっております。

スポンサードリンク

 

 マカオでは、2020年までに6つの新しいカジノがオープン予定ですので、さらにマカオのカジノはどんどん成長が期待されています。その他の国々でカジノがオープン予定になっているところとしては、韓国・オーストラリア・ニュージーランド・フィリピンなどが上げられます。各国とも、約2施設がこれから5年間の間にオープンしていく予定です。

 

 そのような状況下では、アジアのいろいろな国々にいってカジノを楽しむということができるようになりますので、どちらかというと今までは欧米もしくはヨーロッパで観光したりバケーションを過ごすという傾向がありましたが、これからはアジア諸国で休日を楽しんだり観光するという新しい流れができつつあると感じます。

 

 

 2020年には、東京でオリンピックが開催される予定になっておりますが、欧米や南米・アセアン諸国からも日本もしくはその周辺諸国に観光に立ち寄ったりすることが考えられます。ますます人の流れが、アジア諸国を中心に回っていくことはありますので、ビジネスの環境においても整備されてきて、旅行・ビジネス・そしてさらにはリタイアした人たちが南国での生活の場としてアジア諸国を選択する。そのような状況において、カジノビジネスというのは大きく発展する可能性があるのではないかと感じます。2画像引用元 http://www.singaporecasinoinsider.com/taxonomy/term/1/0

 

 皆さんもぜひ機会があれば、マカオやシンガポールをはじめこれから新たにオープン予定のカジノに足を運んでみてはいかがでしょうか? アジア諸国ということもあり、飛行機に乗っている時間も比較的短いですのでお勧めいたします。

スポンサードリンク