ドイツ移住生活〜ドイツでアルコールフリービールブーム!?ドイツよお前もか!〜

ボンでは4月ごろ、市民マラソン大会が開かれます。有名選手が来るわけでもなく、みんなご飯を食べながら知り合いを応援したりしてします。近所の小学校の体育大会みたいにアットホームです。

スポンサードリンク

で、このボンマラソンに、ホップの濃い苦味と甘い酵母が美味しいヘフェ・ヴァイツェンの醸造所「Erdinger」もスポンサーとして看板を出していました。

名称未設定よく見ると「ALKOHOLFREI」の文字が。アルコホールフライ、直訳するとアルコールフリー。

 

Erdinger、お前もか。

 

そうなんです。ドイツでは健康志向の高まりにあわせたのか、まさかのアルコホールフライブーム。各社がこぞってアルコホールフライ商品を出してるんです。

 

なんですかね、この裏切られた感。

 

ドイツだけは大丈夫だと思ってたのに。美味いビールのために法律も制定しちゃう国なのに。勉強しないって言ってたのに実は隠れてテスト勉強してました、とか。最後まで一緒に走ろうねって言ってたのに校内マラソンでぐんぐん走っていっちゃう、とか。そんな感じの裏切られた感。自分だけ健康になろうというのか。

 

で、美味いビールのための法律、ビール純粋令との関係はどうなってんだと調べてみたら、アルコホールフライビールもこの法律に則り、麦芽・ホップ・水・酵母だけが原料で、アルコール度数0.5パーセント以下の商品を言うんだそうです。

 

ああ、ノンアルコールじゃないんだ……。

 

それを「スポーツの渇きを癒す」ってキャッチフレーズで売ってるところはやっぱりドイツ。1

引用:ERDINGER Alkoholfrei – der sportliche Durstloscher

http://www.erdinger-alkoholfrei.de/de/produkt/erdinger-alkoholfrei.html)より

 

それでこそドイツ。運動の後のビールは美味しいですよね!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

kamatsu

日本人の夫とともにドイツに移り住んで3年目です。ビールが好きで、ビールのことばかり書いていますが、ほかにもドイツのことや欧州旅行のことなどを書いていきたいと思います。