モルディブ~インド洋に浮かぶ島々の花輪〜

引用元:http://www.tour.ne.jp/w_air/info/MV/

モルディブはインドの南西に位置しており、1,200の島々と環礁から成り立っています。

スポンサードリンク

人が住んでいるのはそのうち200の島、リゾートとして使われている島は90ほどあります。

モルディブの名はサンスクリット語で「島々の花輪」を意味します。

また「真珠の首飾り」という美しいニックネームも持っています。

島々と環礁が連なる様子を表現した言葉です。

 

 

モルディブの海の特徴はその透明度と、見られる魚の多さ。

世界のダイバーがあこがれるダイビングリゾートです。

浅瀬(ラグーン)でのシュノーケリングから、

深いところ(ドロップオフ)のダイビング、まで楽しめます。

環礁の切れ目から潮の干満によって外海の水が入ってくるため、

日や時間帯によって違う魚に出会えるのも魅力。 名称未設定3 引用元:http://www.wtp.co.jp/wtpblog/index.php?e=1222&PHPSESSID=91ab428135b4d6e4ac2c2218f97deffa

日本との時差は4時間。

アジア系・アラブ系の8つの航空会社が就航しています。

最短でいける人気路線はスリランカ航空で、

成田からコロンボまで12時間、コロンボから首都マーレまで1時間半です。

 

デングー熱がモルディブ国内で流行することはたまにありますが、

リゾートの島にはほとんど入ってきません。

治安もよく、安心して滞在できます。

モルディブ固有の言語・通貨がありますが、

マーレの観光地やリゾートでは英語・アメリカドルで大丈夫です。

日本語を話せるスタッフのいるリゾートもあります。

 

住民の多くはインド・スリランカ系とアラブ系で、混血も進んでいます。

イスラム国家のため、リゾート以外での飲酒や肌を露出する服装は禁止です。名称未設定4引用元:https://www.newtoyotravel.com/jp/package_tour/order/top?id=3489

 

【モルディブで楽しめること】

・リゾートアイランド滞在(水上コテージなど)

・ダイビングやシュノーケリング

・文化に触れる…首都マーレでのモスク見学、魚市場見学、スルタンパーク&国立博物館

・ゴージャスなスパ体験

・伝統工芸…ココナッツを使った木製品や漆工芸

・伝統舞踊…太鼓とパーカッションを使ったノリのいい音楽とダンス

・ウェディング

 

日本人向けのサービスも増えてきていますが、

まだ限られた人しか訪れていないモルディブ。

地球温暖化による水没が懸念される島々でもあります。

旅行プランのひとつに加えてみてはいかがですか?

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」