↑外国語選択で履修できる日本語クラスの教科書。学校名が入ってしまっているため白で塗りつぶしています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


教科書が300ページが当たり前!?


一般的なアメリカの教育機関は、9月がスタート。小中高で異なりますが、小学校中学校は基本3学期制、高校は2学期制(たまに4学期クォーター制もあり)。9月上旬に始まり、6月上旬に終わります。6月から9月の約3ヶ月の空白は一体何かというと、夏休みです。夏休みをはさんで学年が切り替わるので、夏休みの宿題なんてものはなし。たまに例外があるとすれば、9月から自動登録される授業の事前課題がある場合もありますが、そこまで手間取るものではありません。この記事を書いている今は9月上旬、丁度新学期が始まったころですね。

 

 

タイトルにもあるとおり、アメリカの教科書はとても分厚い。100ページだとかそういうレベルではなくて、300ページは当たり前、500ページ越えもめずらしくありません。それにそれほどのページ数となるとハードカバーなのでとても重い。そんな分厚い教科書を、なん教科分も持ち歩く訳にはいきません。

 

そういう訳でどうするかというと、学校で使う用を学校にストック、家用に同じものをもう各一冊ずつ家にストックします。各教室に生徒分の教科書を置いておき、授業ではそれを使用し、ホームワークは家にストックしてある分を使用します。こうすることで、重い教科書を何冊も持ち歩くことなく通学することができます。家に置く教科書も学校から借りているものなので、書き込みは厳禁です。普段からこのようなブックカバーを付けるように指導されています。2

出典: http://www.mansionschools.com

↑スタンダードな伸びるタイプのブックカバー。模様のバリエーションも豊富!

 

学期はじめと学期おわりの風物詩といえば、教科書の持ち帰り。学期はじめには学校の図書館から家にストック用の教科書を受け取り、家に持ち帰るのですが、複数教科で受け取りの日が重なってしまうと大変!分厚い教科書を何冊もバックパックに詰めて帰ることになります。学期終わりも同じで、返却のために一気に何冊も背負って持っていきます。

余談ですが、教科書の貸し出しと返却でクラス時間(50分)がうまいこと潰れたので、学期はじめのソワソワした気分と、学期おわりのゆったりとした気分が高まっていた記憶があります。

 

 

スポンサードリンク