・アイルランド人の仕事っぷり その2

 

さてさて、先日のリフォーム事件の第二弾です。

 

信じられないほど時間をかけて、それでもようやくシャワールームのリフォームが完了しました。長かったけど、新しいシャワールームは以前より広くなったし、新品なので当然ピカピカでキレイ!わーい、待った甲斐があったね、とバスルームを共有しているハウスメイトと喜びました。

スポンサードリンク

そしてその夜、早速使ってみました。新しいってやっぱり嬉しいな、ルンルン♪と、蛇口をひねり、シャワーの水がお湯になるのを待ちます。このへんはね、リフォーム前も1分くらい待ってお湯が出るって仕様だったし、日本のシャワーも同じだしね。さて、そろそろいいかな♪

 

…あれ?あったかくならない?もうちょっと待ってみよう。

 

…だいぶたったけど?あれ?まだ冷たいんだけど?

 

…ん?ちょっとだけ、あったかくなった?んー、冷たい気がするけど結構待ったし、入ってみよう。

 

と、なんとなーくあったかくなったかも?と思い、シャワーを浴びてみました。

 

 

…冷たいってば。。

 

 

そうなんです、リフォームしたら、お湯が出なくなったんです!あり得ないでしょー?!これ、新しくしないほうがよかったってことじゃん!ハウスメイトも「シャワー入った?お湯だと思って入ったら冷たくて、悲鳴上げたよ。お湯が出ないなんて思わないじゃん!」と。本当にその通り。。

 

で、ハウスメイト(ニュージーランド人だからネイティブ)が管理会社に電話してくれて、後日再度修理に来てもらうことに。その修理は1日で完了。よかったーと思い、仕事から帰宅した私、手を洗おうと洗面台の蛇口をひねる。

 

…熱っっ!!

 

水の蛇口ひねったよね?ひねったよ。そこはさすがに間違えないよ。

 

 

でも、結構な熱さなんですけど、これー!

 

 

そう思いつつ、シャワーのお湯が出るかもチェックしてみました。

 

うん、ちゃんとお湯が出てる♪…いや、出てるけど。

 

っつか、これも相当熱いんですけどっ!

 

最低温度の設定を最低温度設定の15℃にしてみたけど、それでも立派なお湯ですよ、しかも熱湯ですよ、これ!

 

修理したはずなのに、おかしいじゃんよ。どう考えても、おかしいじゃんよ。そう思いつつ、トイレを使用。水を流そうと水洗のレバーに手をかける…と。あれ?なんかあったかいんですけど?もしかして…

 

 

トイレのタンクの水までお湯だった!

 

 

どういうことよ、これー!もはや、怒りを通り越して呆れました。で、悟りました。私、今は良くてもこの国で永住は無理だと。修理を依頼したら、ちゃんと修理してくれる国に住みたい、と。日本ってやっぱり素晴らしい国だと、この出来事で痛感したのでした。。

 

猫も修理状態を心配して…というわけではありませんが。バスルームに入っていったので写真を撮ってみました。でも、ブレブレ。。12

 

せっかくなので、気を取り直して廊下で寝転んだところもパシャリ。半目でぶさいくになってますけど。。前回のブログの壁に穴があいた写真、あれはこの廊下です(笑)。13

スポンサードリンク