「スターウォーズ:フォースの覚醒」のロケ地巡り

New Range Rover Sport | The Empty Quarter Driven Challenge by Land Rover MENA

スターウォーズ:エピソード7「フォースの覚醒」が2015年12月18日に公開されました。世界のファン待望の作品とともに、そのロケ地にも注目が集まっています。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


アイスランド ミーヴァトン湖とクラフラ火山


4159783512_f0a3efc29b_b

Untitled by laurent gauthier

ミーヴァトン湖はアイスランド北部に位置する火山湖で、「虹の湖」を意味します。周辺には火山活動によって生まれた溶岩柱や水蒸気爆発のよる噴出口シュードクレーターがあり、観光地となっています。

5161554181_3c25611073_b

 The Aurora seen from Lake Mývatn by NH53

ミーヴァトン湖はオーロラ観測スポットでもあります。

 


アイルランド スケリッグ・マイケル島


1918790193_3454c43f3d_b

Skellig Michael by chb1848

アイルランド島の西南ケリー州の沖合いに位置する孤島で、山頂にはケルト人が築いた修道院があったと言われています。1996年にはユネスコ世界遺産にも登録されています。

Skellig Michael, beehive cells and Small Skellig

Skellig Michael by Arian Zwegers

アイルランドには石積み建築文化があり、ここでは蜂の巣状に積み上げられた石の小屋が見られます。

 


イングランド 湖水地方


3395624749_271ef5c101_b

Dramatic clouds reflecting on the lake – Keswick, Cumbria by Glen Bowman

湖水地方はピーターラビットやワーズワースの詩が生まれたところであり、イギリスを代表する風光明媚の地です。「スターウォーズ:フォースの覚醒」では戦闘シーンのロケに使われているそうです。

 


イングランド フォレスト・オブ・ディーン


 

7358488100_d09eede832_k

Bracelands Forest of Dean 035 by Mark Chapman

湖水地方に近いフォレスト・オブ・ディーンにあるパズルウッドは、ヨーダやイーウォックの住みかの撮影に使われたそうです。

 


イングランド グリーンハム・コモン 


An aerial view of the ground launched cruise missile base at Royal Air Force Molesworth, home the 303rd Tactical Missile Wing.

RAF Molesworth – Wikipedia, the free encyclopedia

ロンドンの西80kmの場所に位置するグリーンハム・コモンにある、空軍基地の跡地です。第二次世界大戦中はイギリスとアメリカの空軍基地として、また冷戦時代には米空軍基地として使用されていましたが、1993年に基地は閉鎖され、その後は公共に開放された公園となりました。

 


アラブ首長国連邦 ルブアルハリ砂漠


10848906296_ddbfb5bd46_oNew Range Rover Sport | The Empty Quarter Driven Challenge by Land Rover MENA

「何もない場所」を意味する言葉「ルブアルハリ」は、世界最大級の砂砂漠です。アラビア半島南部の3分の1、65万平方キロメートルを占め、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、オマーン、イエメンの4カ国にまたがっています。

「スターウォーズ:フォースの覚醒」の砂漠シーンはアラブ首長国連邦領内のルブアルハリ砂漠で撮影されています。 旧作の惑星タトゥイーンのロケ地についてはこちらの記事にて。

 

宇宙空間をイメージさせる不思議な景観を活かして製作されているのも、スターウォーズの魅力!今回ご紹介したロケ地はいずれも、観光旅行でも訪れることが可能な場所です。スターウォーズ・ファンならいつかは訪れてみたいですね!

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

chi-yu

『ちーゆー』です。1994年から2010年まで海外旅行ツアーコンダクターをしていました。お客様と一緒に巡ったアジア、ヨーロッパ、南北アメリカ、中東、アフリカの国々の思い出や、海外旅行に役立つポイントアドバイス、リタイア後も尽きない世界への憧れなどを書かせていただきます。http://tourconductor-note.com 「元・海外旅行ツアコンの添乗員ノート」