OLバックパッカー旅行記〜海外旅行での悩みはお土産選び?!〜

Pack up my troubles ! by CJS*64 A man with a camera

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


OLバックパッカーオススメする

海外旅行のお土産!


海外旅行では買い物が楽しみという人も多いと思います。いろんな人にお土産を買ったりして、観光よりむしろ買い物の時間の方が長いのでは?という方もいらっしゃるかもしれません。

 

私は逆で、できるだけ色んなものを自分の目で見たいというのがあるので、時間があれば買うというタイプです。

 

以下ではそんな私が、わざわざ時間をとって買った海外土産をご紹介します。

 

 

旅好き女子の間では定番のモロッコのバブーシュ!


名称未設定カラフルなバブーシュがずらーっと並んでいる光景は、買い物好きでなくとも興奮すること間違いなしです。

 

あの人にはこの色がいいかな、と相手を思い浮かべながら選ぶのも楽しいです。

モロッコは革製品が有名なので、バッグやプフ(モロッコのオットマン。中に季節ものの服なんかを入れて使います)もお勧めです。

 

モロッコに行く時には是非、大きいスーツケースを持って行ってくださいね。

私はバックパックだったので、あまり荷物が入らず、泣く泣く諦めた商品もたくさんあります。

 

 

マレーシアのプラナカンのトレイ!


プラナカンとはマレーシアにやってきた中華系移民と現地のマレー系の混血の子孫のことです。彼らは中国、マレーシア、そしてヨーロッパの文化をミックスさせた独自の文化を築きました。今でもプラナカン様式の建築が残っていますし、ファッショングッズや食器などはお土産としてもぴったりです。1

 

このトレイの模様は中国風ですが、色使いはマレーっぽいパステルカラーで可愛らしく気に入っています。本当はレンゲも幾つか購入したのですが、残念ながら割ってしまいました。

 

ポーリッシュポタリー(ポーランドの食器)


主にボレスワヴィレツという地域で生産されているもののことを指します。3

ハンドメイドなので、素朴で温かみのある絵柄が特徴です。意外と丈夫で、電子レンジや、オーブン、食洗機にも対応しているので使い勝手もいいです。

これはりんごポットといって、焼きりんごを作るためのものなのです。実際、家で焼きりんごを作る機会はあまりないのですが、小物入れにしたり、インテリアとして飾っても可愛いですよ。

 

 

 

 

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • at what point are we absolved of the guilt Yanno this is what just chills my &#&380;2#8230;. I am sick and tired of the guilt trips when I have done nothing. I am tired of watching our freedoms just to be taken away out of fear of offending someone. i refuse to take some half baked pledge telling some group we love them. This junk is born form fear. I refuse to live in fear.Live the way Serge’ suggests and they have already won.

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    Mei

    Meiです。学生時代は中国語にはまり北京と天津に留学していました。初海外が中国留学だったのでいろんな意味で鍛えられたと思います。社会人になってからは、長期休暇の際は海外旅行に行くようになり、OLバックパッカーとして35カ国回りました。2015年春に7年間勤めた会社を退社し、2015年8月よりエジプトのカイロで生活することになりました。いろいろと不安はありますが、とりあえずやってみるがモットーなので、ハプニングも楽しんでいこうと思います。