チェコ移住生活〜チェコ人もオススメする綺麗な町ズノイモへのショートトリップ⑴〜

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


現地のチェコ人が認める街 ズノイモとは!?


ある日チェコ語学校にて、語学学校でのお決まりのやりとり「週末は何をしますか?」という先生からの問いに「場所は決めてないけど旅行にいきます」とたどたどしいチェコ語で答えると先生が「じゃあズノイモに行きなさい、きれいよ~」とふと出てきた地名。確かに同僚に聞いても、きれいだよ~と言う声が多かった。

 

Znojmo(ズノイモ)はプラハの南東約200kmに位置する南モラビア地方の小さな町で、オーストリアとの国境に近くウィーンまでも車で1時間ほどしかかからない場所だ。ワインの産地としても有名で、ズノイモ周辺にはワイナリーが点在しており、鉄道駅からはワイナリーを回るバスも用意されていた。

 さて、今回行ってきたのは2015年9月12日土曜日、この日はズノイモでワイン祭りが開催されていたのだ。2週間前からプラハ-ズノイモ間のバスチケット(過去移住生活記で何度も登場しているStudent Agencyという黄色いバス(片道210コルナ(約1,050円))で向かった。

(プラハから行く場合は直行便のあるバスが便利。電車の場合は、Brnoまで一旦出て、そこから乗り換える必要がある。鉄道駅とバスターミナルは隣通しにあるため、周辺の町を旅するときは、組み合わせて使うこともできるだろう。)1

 プラハを9時半に出発し、所要約3時間でズノイモのバスターミナルへ到着。あまり親切な地図がなかったが、人の流れにそって歩いてみると旧市街の城壁のような門を発見。

ただ、なにやら門の前でチェックを行っている。そう、入場料を払う必要があるのだ。しかもちょっとお高めで230コルナ(約1,150円)。2

支払うとオレンジの紙が腕に巻かれる。これが入場料を払ったという証となるのだ。門をくぐると、普通の週末の町の風景とは一変してにぎやかなお祭りムードの風景となる。食べ物屋だけでなく、服や雑貨などを売る露店が所狭しと軒を連ね、ワイングラスを片手に歩く人たちがあちらこちらに歩く。

 

次回はワイン祭りに潜入。

 

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

チェコの埼玉県民

30代前半で駐在から帰国。ばりばりの日本企業に転職するも2社渡り歩き、定着せず。そんな私が新たな場所を求めて30代半ばでチェコへ来ることに。 趣味は旅行。街を歩いて、汗をかいたら店のテラスでビールを飲んでを繰り返すのが気持ちいい。 最近のマイブームはチェコ語。あらゆる場所でひたすら挑戦し、玉砕する毎日。30代独身自由人、チェコで楽しく生きてます。