フィリピン留学をするか悩んでいる方へ!下

IMG_1215a by Monica’s Dad

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 


フィリピン留学で自分を磨こう


フィリピン留学では欧米圏の留学と比べて3分の1~5分の1程度の費用で留学資金をまかなうことができます。それには物価が安いから可能であり、物価が安いからワンツーマンの授業が可能であるといった形で留学生のとってはほんとうに素晴らしい国なのです。

とは言ってもまだまだ留学の歴史が浅い国ですので事前のしっかりとした事前の準備が必要となります。海外に留学する際に1番、疑問に思うことは「ほんとうに英語力が伸びるのか」と言うことと、「英語力が伸びたらほんとうに評価してもらえるのか」と言ったものがあると思います。

結果から言いますと必ず、どのような仕事をしていても一定の評価を得れると言えます。少なくとも英語力や海外生活の経験が評価のマイナスになるというのは考えにくいです。

そのくらい英語力を伸ばすことは、かなりの努力と時間が必要になるからです。英語を使わない仕事に就いている方でもその努力は認められるでしょう。

例えばTOEIC700点くらいなら、1年間くらい海外で住んでいたら、簡単に取れると考えている学生さんが多いのですが、実はほとんどの学生さんが1年間ではTOEIC700点を取得することができません。

海外でただ単に生活していたくらいでは、英語力はまったくつかないのです。なので、しっかりとした学校のカリキュラムや相当な努力が必要となるわけです。このTOEIC700点と言うのは様々な企業が入社基準にしていたり、昇進基準にしていたりします。

55543164_5d5bc7731a_bBalsa @ Matabungkay Beach by Hyougushi

ひとつの留学の目標に設定している点数で最も多いのが700点以上だと言われています。フィリピンでは、欧米圏のような英語の資格を取得することは現段階では難しいです。

例えばTESOL、ケンブリッジ検定、IETLS、J-Shineなど、どれも取得したいと考えている学生さんが多いのですが、実は最低でもTOEIC700くらいは取得していないとこのような専門的な資格は取得することができないのです。

なので、欧米圏で勉強する前にフィリピンで基礎を学んで、その後に目的の国へ留学するといった2国間留学も最近では主流になっています。留学の失敗談の多くに最初に欧米圏に留学してしまったと言う声を聞きます。

英語力がない状況で欧米圏に留学してしまうと仕事を見つけることもできず、学校の授業についていくこともできずにお金だけが減ってしまい、結果的に何も得ることができなかったということが起こりえるのです。そのような事が起こり、留学で失敗しないためにも入念な下準備が必要になります。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

tetsuro

大学卒業後に1年半の海外留学を経て、海外語学学校、旅行会社、留学斡旋会社に勤務。その経験を活かし、旅行や留学に関する執筆を行っております。夫婦合計30ヶ国以上の渡航経験があります。楽しさの中にも有益な情報をお伝えできる記事を心がけて参ります!よろしくお願いします!