中国の『そこまでやっちゃう?』DIYの写真いろいろ

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


そういうのも自分でやっちゃって大丈夫なんだ!?


 

DIY(ディー・アイ・ワイ)とはDo It Yourselfの略で、お金を払って専門業者を雇う代わりに自分の力でやってしまおうという精神・活動のことである。
普通DIYで家の壁をペンキで塗ったり、ちょっとした小屋を作ったりはするが、そこまでやって大丈夫?と思いたくなる”高度”なレベルのモノのDIYを中国の人たちがやってしまったようだ。

 

DIY飛行機


 

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03508/plane-chian_3508654k.jpg

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03508/plane-chian_3508654k.jpg

 

50歳の農家チェン・ランシューは中国甘粛省東部の平涼市の自宅の屋根の上でセスナ機のような飛行機を自分で作ってしまった。かかった費用はこれまで28,000元(54万円)。作るのに2年を要し、地元メディアにも取り上げられた。よく見てみると羽が片方しかないのはなぜだろう…??

 

DIY飛行船


 

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03487/potd-zeppelin_3487069k.jpg

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03487/potd-zeppelin_3487069k.jpg

 

河南省商丘市の農家のシ・ソンボーは空を飛ぶことに対しての情熱を抑えることができず、ついに自分で作ってしまった。300,000元(577万円)かけた全長23メートル、高さ10メートルの飛行船だ…

 

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03487/potd-zeppelin-2_3487071k.jpg

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03487/potd-zeppelin-2_3487071k.jpg

 

…そして上空500メートルまで上昇し、2時間飛行できたそうだ。

 

DIY潜水艦


 

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03014/china-2_sub_2_3014770k.jpg

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03014/china-2_sub_2_3014770k.jpg

 

湖北賞武漢市のチャン・ウリはモシュー湖で全長4.6メートルの潜水艦を作った。パーツは小さなヨットから取って、25日かけて友達と完成させた。チャンによるとこの潜水艦は時速20キロで10時間稼働するという。チャンは過去7年間で7つの潜水艦を作ったという地元の有名な潜水艦愛好家のリー・ユーミンの元で修行を受けた。

 

DIY戦車


 

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03014/china-7_tank_3014776k.jpg

credit: http://i.telegraph.co.uk/multimedia/archive/03014/china-7_tank_3014776k.jpg

 

退役軍人である31歳のユアン・リーは彼の息子のために戦車を作った。軍にいたころは海軍で戦闘機修理をしていたリーだからできたことだ。退役後、現在はトラックの運転手として働いている。6歳の息子のオモチャの戦車が壊れて新しいのをせがまれたとき、自分で作ることを思いついた。

 

私たちももっといろんなものを自分で作れるのにやろうとしていないだけなのかもしれない…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。