チェコ移住生活~プラハで2番目にうまいビール~

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 


チェコで2番目にうまいビールが飲める

ビアホール 「U Pinkasu」


 

日本から前の職場の友人が来るというので、どこに連れていくべきか思案していたところ、上司から進めてもらったところがある。それが「U Pinkasu(ウ・ピンカス)」である。プラハの中心部Vaclavske Namesti(ヴァーツラフ広場)から徒歩3分ほど。

ここはPivnice(ピヴニツェ)というチェコ語でビアホールで、1843年プラハで初めてピルスナービールを提供したレストランだと言うのだ。地下にはそのとき使っていたサーバーが残っていた。金曜日の夜19時に友人とヴァーツラフ広場で待ち合わせをして、出かけた。

10 -4

直前まで友人が何時にプラハに到着するかがわからなかったため、予約をすることができなかったのだが、店内に入ってすぐいた正装をしたオジサンが「Smoking? Non-Smoking?」と英語で質問してくれ、「Non-Smoking」と答えると「じゃあ上へいけ」ということで、2階へ上がった。満席ではなかったので、無事着席。(ただ8時半頃になったら全席一杯になっていたので、予約ができるのであれば無難であろう。(オンラインから可能)

10-2

着席後配られたメニューは、英語版もあった。(さすがに日本語はない。)今回は牛肉タルタル仕立て(生肉と玉ねぎや卵などを混ぜてパンにのせる)を前菜でシェア(199コルナ(約1000円)した。

10-3

そしてメインは友人は依然紹介した牛肉にジャムがのっかっているチェコならではのスヴィチコバという料理で、私はビーフシチューのようなグラーシュというこれまたチェコ料理。値段はそれぞれ199コルナ。そしてもちろんビール(45コルナ(約230円))

プラハでいろいろビアホールに来たが、ビールがとにかくうまい。一部ではプラハで2番目に美味しいビールを出すのがこのU Pinkasuだと。そして料理も少々高いかもしれないが大満足。これからプラハに友人が来たら、ここにしようと思った。

今回は寒かったので屋内の席だったが、暖かいときはテラス席がおすすめだ。中世の時代を感じさせる雰囲気の中ビールを堪能できる。

(今回ビールが美味しすぎて、飲みすぎて、肝心のビールの写真を撮るのを忘れてしまった。。。)

 

 

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

チェコの埼玉県民

30代前半で駐在から帰国。ばりばりの日本企業に転職するも2社渡り歩き、定着せず。そんな私が新たな場所を求めて30代半ばでチェコへ来ることに。 趣味は旅行。街を歩いて、汗をかいたら店のテラスでビールを飲んでを繰り返すのが気持ちいい。 最近のマイブームはチェコ語。あらゆる場所でひたすら挑戦し、玉砕する毎日。30代独身自由人、チェコで楽しく生きてます。