スポンサードリンク

 

 

 

 


アメリカにおいてハロウィンは一大イベント!!!


アメリカにおいてハロウィンは一大イベント。仮装をしてトリックオアトリートをして回るだけではなく、庭や家をデコレーションしたり、お菓子を作ったり・・・!それに伴って、パーティーショップもハロウィン仕様になります。2(写真は2011年のものです)

こちらParty Cityという専門店。普段はバースデーやウェディングなどのアニバーサリーパーティー用のグッズや、風船や紙吹雪などのデコレーショングッズがメインですが、ハロウィンの時期は一転。店内そのものもまるでお化け屋敷かと思うほどにハロウィン仕様になっています。ちなみに店内のお化け屋敷仕様は、商品の展示も兼ねていますので、もちろん購入可能です。そしてこの店頭広告に見られるように、ハロウィンはポップな仮装と同じくらいホラー系の仮装もメジャーなのです。

 

さて、やはりハロウィンといえばやっぱり仮装。ここParty Cityでは安価なものから少し値が張るものまで、様々な仮装衣装が揃っています。1

このように壁いっぱいに衣装一覧が貼りだされています。こちらは子供サイズの衣装ですが、もちろんティーン・大人サイズも充実。ハロウィンが近くなってくるとこの衣装売り場は大変賑わいます。ちなみに購入の際は、壁に貼り出されている中から気になるものをチョイス、一緒に書かれている番号をチェックしてスタッフに伝え、倉庫から出してもらいます。衣装はパッケージに入っているのでとてもコンパクト。衣装だけではなく、別売りで装飾品やサポートアイテム、ウィッグや武器まで揃うので全身コーディネートが可能です。

 

相場は安価なもので広告にあるとおり$10前後~高いものでは$300を越えるものも。こだわり派はオーダーメイドをしたり、自作する場合もあります。一定数自作する層がいるからか、ほとんどの手芸店ではハロウィンにあわせて生地のセールを行っています。余談ですが私は最後の年、どうしても着てみたい漫画の衣装があったので、本と格闘しながら作った記憶があります。

 

衣装を用意したら、あとは家を飾り付けて、当日を待つだけ。ハロウィンが近づいてくる間にも、パーティーショップ以外のショップさえどんどんハロウィン仕様に変化していきます。

 

 

 

スポンサードリンク