OLバックパッカー inモロッコ〜日本語で声をかけてくれる国〜

Essaouira fishermen (Morocco) by Ahron de Leeuw

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 


女子から人気が高い国

〜モロッコ〜


 

近年、中国人の爆買いがTVでも扱われていますが、日本だけでなく海外でも、アジア観光客といえば中国人というほど、「ニーハオ!」と声をかけられる率が高いです。しかし、モロッコだけは日本語で声をかけられます。どう考えてもアジア人じゃないだろって人に日本語で声をかけている人もいます。

 

それだけモロッコは日本人に人気なんですね。特に女子人気が高くて、最近は百貨店とか書店でよくモロッコフェアが開催されています。

 

人気の理由はやっぱり雑貨でしょうか。日本でも定番になりつつある?モロッコスリッパのバブーシュのほか、オットマンやスツールとして使える「プフ」だったりエキゾチックなランプシェードだったり、買い物欲がムンムン湧いてきます!

 

雑貨だけではなく、マラケシュというピンクの街だったり、オレンジ色の砂漠、シャウエンという青の街、など国そのものがカラフルでパワーをもらえます。名称未設定

1 

モロッコって暑いというイメージはないですか?

でも、冬は普通に寒いんです。私は冬にモロッコに行って、シャワー問題に悩まされました。

 

マラケシュでは昔の邸宅を改装したリヤドに泊まったのですが、年末年始ということもあり、それなりに高かったんですけど、ホットシャワーがでなかったです。そのあとに安宿に泊まったのですが、なぜか安宿はたっぷりの熱いお湯が出て何故?ってかんじでした。

 

モロッコ通の友達に聞くと、高級リヤドでもホットシャワーじゃないことはよくあるみたいです。お湯が出るか出ないかは場所によるみたい。

 

砂漠ツアーに行った時も、もちろん砂漠のテントにはシャワーなんてないんですが、その前に泊まったホテルでは、シャワーが壊れて、蛇口をひねってもお湯が止まらなくて、わーわー言っているうちにお湯が出なくなりました・・・。

 

これ以外も、お湯はでても最初の5分だけというのが多かったので、友達と泊まる際は本気のじゃんけんですよね。一人は夜は入って一人は朝入るとか。

 

とにかくいかに早くシャワーを浴びるかが重要なので、毎回意を決して入っていました。ホットシャワーがないっていうことは、海外ではよくあるのですが、今までは暑い国(季節)だったので、あまり苦ではなかったのですが、冬の水シャワーはやっぱりきついです。

 

 

スポンサードリンク
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

Mei

Meiです。学生時代は中国語にはまり北京と天津に留学していました。初海外が中国留学だったのでいろんな意味で鍛えられたと思います。社会人になってからは、長期休暇の際は海外旅行に行くようになり、OLバックパッカーとして35カ国回りました。2015年春に7年間勤めた会社を退社し、2015年8月よりエジプトのカイロで生活することになりました。いろいろと不安はありますが、とりあえずやってみるがモットーなので、ハプニングも楽しんでいこうと思います。