ロサンゼルス移住生活〜ナイトライフ満喫!? 夜の街へ遊びに行ってみた!コリアタウン編〜

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

http://www.yelp.com/biz/koray-billiard-los-angeles

久しぶりにビリヤードしたいなーって思って、おばさんの家にいたので、いとこの友人と家の近所まで涼みながら歩いてビリヤード場まで。

アメリカビリヤード高いねー。1時間15$テーブル代金取られた。高い!学生のころ、沖縄で三時間1500円とかで遊んでいたので、びっくりした!

しかもそんなに綺麗な場所じゃないのに(笑)お酒も高いー!がーん!w花札の絵があったけど、花札はお酒を飲みながらテーブルで遊びでプレイしている人が多かった。日本の様な喫茶店の花札のテーブルゲームなどはない。可愛かったので写真を撮った。花札は韓国語で『ゴーストップ』と言って、なんかポイントの数え方のルールが違っていて、『猪鹿蝶』とかが関係なくて、ルールが意味不明だった。バーテンダーから必死に習うも、だめ。

日本のルールで慣れているので全く理解不能で終わり。ビリヤードは『プール』と言ってアメリカ人にビリヤードと言うよりも“テーブル・プール”の方が通じます。またお菓子やジュースも販売していました。深夜は18歳以下は入店できないそうです。アメリカのBARでは喫煙所が外に設けられていることが多いので間違えて店内でたばこを吸っている人が注意されていました。ここのトイレは裏口にあって、店員からトイレの鍵をもらって裏まで歩いてトイレに行く感じだったのでちょっと怖かったです。ビリヤードの球を洗う用のマシンがあって感激しました。そんなの見たことない!21

またお店には韓国人だけではなく、外国人客も多く、みんなフレンドリーな感じで楽しかったです。音楽も好きな曲をかけてくれたり店員も親切でした。

午後6時以降は駐車場の料金が2ドル取られる場所。ID(身分証)を忘れるとお店に入れなかったりしますので、アメリカの夜の街はIDを必ず持ち歩くことを心がけてください。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。