「ブラックフライデー」 お買い得にも程がある!?

日本のお正月といえば新年の初売り。福袋や初売りセールを求めてデパートや量販店に長蛇の列が出来ている風景は定番となっています。スポンサードリンク

家具や家電を買い換えたり、普段よりも少し贅沢に買い物をしたり!と非常にワクワクするイベントですね。このようなノリのセールがアメリカやカナダにも存在しています。それはアメリカなら11月の第4木曜日、カナダなら10月の第2月曜日のThanks Giving Day(感謝祭)の日と共にやってきます。

Thanks Giving Dayの祝日とその周辺は連休になることが多く、アメリカの場合は感謝祭当日の翌日、金曜日の早朝から多くのショップで年に一度の大きなセールが開かれます。

 

“Black Friday”(ブラックフライデー)と呼ばれるセールは、家電量販店からデパートやアウトレット、一部の大型スーパーマーケット、オンラインショップなどで行われます。お店によって目玉商品は異なりますが、テレビや洗濯機が驚くような値段になったり、投売りなのかと思うほどに安くブランド品が買えたりと、毎年大きな話題を呼んでいます。

感謝祭が近くなってくると、ブラックフライデーを行うショップは大々的に宣伝を行い、前日~当日はニュース等各メディアで特集が組まれる程。そんな感謝祭の定番イベントとなっています。名称未設定

出展元:https://en.wikipedia.org/wiki/Black_Friday_(shopping)

 筆者は過去5回程アメリカのブラックフライデーに参戦した事がありますが、値下げの幅が普段とは比べ物になりません。普段はちょっと手を出しにくいブランド品も手の届くお値段になっていたり、ついでにipodを買い換えたり。当日は店舗の通常営業時間よりもずっと早くオープンするので、早朝6時前からお買い物するという非日常も味わえました。

大手家電量販チェーンでは$100の大型テレビをはじめとした目玉商品が数量限定で販売され、夜中のうちから大行列になったりも。年々変化していくブラックフライデーの話題は尽きることがありません。時期が近くなってくるとWeb上でも話題にあがってきますので、チェックしてみると面白いかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。