アメリカの家ってどんな家?実際に住んでみてわかったこと・・・

私は現在2つ部屋があり、シャワートイレが2つ一緒になっていてリビング1つがついている2BED2BATHの家を17万で借りて旦那と住んでいます。基本シャワートイレは一緒なのでシャワーカーテン必需品。

スポンサードリンク
 

33 34

CA方面は水の石灰がすごいので金属に水垢が付きやすいです。シャワーもホースがついていないため赤ちゃんの入浴とか考えると、めっちゃ不便だと思います。桶を置くしかないでしょう(笑)私もこの家に住んで未だに慣れないのがお湯と水の調整です。

 

この黒い蛇口が水圧調整、銀の蛇口がお湯HOT、COLD冷水の調整になっています。CがCOLDでHがお湯。なかなか未だに加減が掴めなくてなんど火傷しそうになったか。または冷水をかぶったかわかりません。

しかも高い位置に設定されているので155CMの身長の私にはすごく使いにくい風呂場であります。

335 36

キッチンや玄関口には備え付けの電機がもともとあって、シーリングファンも付いていました。しかし部屋などの天井には電機がついていないので、このようにプラグ式のスタンド電気を購入して使っています。こういったのもWALLMARTなどで40ドル程にて購入できます。天井に電機がないのにはびっくりしました。

 

もっと驚いたのがエアコン。うちには古いタイプと新しいタイプのエアコンがもともと装備されています。38 39

どちらともすごい音で寝れません。『ゴオオオー』と常に鳴っていてすごい音で日本のエアコンが静かで省エネなのが恋しい。

でも冷えは完璧です。私はアメリカの温度調整は携帯アプリでダウンロードして使っています。

体温計やオーブンなども温度調整はアプリを利用しています。アメリカの温度の単位: 摂氏・華氏で表示が違うので部屋の温度は82度で日本だと27-28度ほどの温度設定でエアコン使っています。地域によって電気代は違いますが、私の家は17万円の家賃に、電気、ガス、水道が含まれています。

キッチンには食器洗い乾燥機がもともと付いていますが、壊れやすいと有名です。私も1年目で二回壊れました。結構私も使っていますし、各家庭で利用している方が多いと聞きます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

梅子

『梅子です。』 現在LA生活をエンジョイ中。 海外での困ったことや、面白かったネタ、また日本では体験できないことなど、苦労話、または役に立つ情報を皆さんにお届けして参りたいとおもっております。時には日本語講師で外国人に日本語を教えながらと、日々見知らぬ土地で頑張っています。趣味は軍事政治やアメリカの歴史を読むこと。幼少時代からアメリカの文化に興味がありLAへやってきました。多くの日本人が旅や移住で困らないように現地を詳しくレポートして記事にしていきたいと思います。