フランスでは赤ちゃんは別室で眠り、放置されることで夜泣きしなくなる!

赤ちゃんの夜泣きは世界各国の新米ママにとって大変な問題ですね。

 

日本ではママは赤ちゃんと添い寝か、同じ布団でなくてもとにかく近くで睡眠を共にし、赤ちゃんが泣くたびにおむつを替えたり、授乳したりしないといけないと考えられているので、まとまって眠ることができません。

 スポンサードリンク

 

これに対してフランスでは日本とは違った考えのもと違ったアプローチで夜泣きに対応しています。

 

 

その方法とは…

 

 

ずばり「別室」で「放置」すること!

 

 

 

常に赤ちゃんに寄り添い続けることをよしとする日本の母親からすればびっくりしますが、フランスのママ達はただ意味もなく放置しているわけではないのです。

 

「赤ちゃんの睡眠時間は細切れなので途中で目が覚めてしまい泣くけれど、これは大人のようにまとまった時間眠る練習をしている過渡期であり、だから夜泣きした赤ちゃんを途中であやしては、上手に眠る練習の妨げになる。」

 

このような考えに基づいて実践しているので、放置というより自立して眠る訓練を赤ちゃんの頃からさせていると言った方がいいのかもしれませんね。

 

ただし10分くらいのある程度の時間が経っても泣きやまない場合は、他に泣く理由があると考えそこから授乳したり、オムツを替えたりするそうです。

 

 

 

このような方法を継続していけば3カ月位で自室で一人で夜泣きすることなく眠れるようになるそうですよ!

 

フランス人は「個」を重んじる伝統がありますが、この育児方法からも母親と言えども一人の個人であり、夜も寝ずに毎日赤ちゃんに尽くすことが愛情ではない。

 

 

それよりも上手に眠る方法を教えるべきだという考え方が読み取れます。

 

それと同時に赤ちゃんであっても一人の個人なので、親がなんでもしてあげるのではなく小さくても一人で眠る練習をするべき存在であると認識されています。

 

 1

この辺の日本との認識の違いが育児方法でも差が出ているのかもしれませんね。

 

 

どちらがいいと決められるわけではありませんが、夜泣きに疲れた日本のママ達はフランス式寝かしつけ法を取り入れてみてもいいのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

supica

supica(すぴか)です。 大学卒業後は事務職一筋だったものの、ひょんなことからライター業を開始。 2児の未就学男子の育児というカオスな日常の傍らフリーライターとして活動中。 電車、車、戦隊、仮面ライダー全般を息子たちと全力で楽しんでおり、 男の子ママ街道を邁進しています!