チェコ移住生活3 プラハの暮らし方①お買い物 part 2

 

 

チェコに来て驚くのは、意外に電化製品が高いことである。チェコ人に聞くと、「チェコは人口が少ないから、仕入れの関係で隣のドイツよりも高くなるんじゃないかな」と言っていた。

スポンサードリンク

 

品揃え、値段共に隣のドイツの方が良く、同じEU圏内であるため、ドイツへ買出しに行くチェコ人は多いようだ。

 

チェコのバス会社Student Agencyのホームページを見ると、ドイツへ買出しにいくための特別価格のチケットの販売を行っていた。

 

話題はずれるが、このStudent Agencyのバスはサービスレベルが高く、初めて乗車したときは驚いた。全席革張りのシートで各座席にオンデマンドのスクリーンがつき、温かい飲み物のサービスがある。

そしてチェコ国内限定ではあるがWifiも使えるのだ。日本ではあまり長距離バスに乗ったことがないので、一概に比べることができないが、チェコとその近郊国を旅する際はお勧めだ。


22

話を戻すが、ドイツのドレスデンへ電化製品の買出しにいくことにした。今回は荷物が多くなるためレンタカーを選択。

プラハから高速道路を運転すること2時間。チェコ国内の高速道路は制限速度は130km/hだが、ドイツのアウトバーン(高速道路)は一部区間を除いて制限速度はなく、勇気があれば時間をだいぶ節約することができる。

 

ドレスデン郊外のショッピングセンター「Elbe Park」にある大手家電量販店「Mediamarkt」へ来た。確かにチェコとは比べ物にならない品揃えに感動を覚える。

そして値段もものによるが、私が今回購入した掃除機は、日本円に換算して5000円ほどの価格差があった。

 33333

今回郊外のショッピングセンターを選んだのは、市内観光もついでにしたいがドレスデンの中心は駐車場が非常に高いため、郊外のショッピングセンターに駐車して、トラムに乗って市内へ1本で行くことができるからだ。

 

トラムに乗ること20分で、ドレスデン旧市街に到着。ドレスデンのヒルトンホテルにある日本食レストラン「小倉」では、土日も寿司ランチをやっていると聞きつけ、行ってみた。14ユーロでお通しと味噌汁、そしてトロやアジなどを含むお寿司10貫を食べることができ、満足。

 44444

 

たまには都会のドイツへ行きたくなる、チェコ在住の日本人の「あるある」らしい。

スポンサードリンク
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

チェコの埼玉県民

30代前半で駐在から帰国。ばりばりの日本企業に転職するも2社渡り歩き、定着せず。そんな私が新たな場所を求めて30代半ばでチェコへ来ることに。 趣味は旅行。街を歩いて、汗をかいたら店のテラスでビールを飲んでを繰り返すのが気持ちいい。 最近のマイブームはチェコ語。あらゆる場所でひたすら挑戦し、玉砕する毎日。30代独身自由人、チェコで楽しく生きてます。