イギリスで感じた不便あれこれ

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 


日本じゃあり得ない!とついつぶやく


 

海外で滞在していると必ず出くわす「日本じゃこんなことは…」。相手の気持ちを思いやる「おもいやり」から日本のお店や企業はサービス精神が行き届いています。が、それも日本にいるから恩恵を受けるのであって、海外では通じないあり得ないことが多数。

私が体験したイギリスで感じた不便あれこれをご紹介します。海外へ行く際には気を付けてください。

 

店が閉店時間ピッタリに閉まる


店が閉まるというのは追い出されるのではなく、閉店時間ピッタリに正面ドアのカギをかけて店員が帰ることを意味します!大手チェーン店ならもう少し融通がきくかもしれませんが、店員2~3人の小さなお店だと午後5時の閉店時間にドアのカギを閉めているのを見てビックリしました。もちろんお客が来ても「もう閉店です~明日また来てね~」と言っておしまいです。

4497508017_12b0b75910_o

The Dressing Rooms
by DncnH

 

 朝の通勤時間に駅の窓口が閉まっている


駅の券売機もだいぶつかいものになってきましたが、それでも上手く切符が買えなかったり、いくらお金を入れても戻ってきたりするのもあります。例えばプリペイドカードを買おうとして機械では販売中止になっているから窓口で買おうと思っても窓口も閉まっていて結局何倍もする切符を買わざるを得ないなんてこともありました。でもゲート前には駅員がいるんです。ここにいるくらいなら窓口に行って窓口開けてよ。と思ったことがありました。

5854459100_3a8edda4b1_o

Barons Court Tube ticket hall
by Annie Mole

 

お風呂の蛇口が湯と水に分かれている


日本ではひねる部分の水道栓がお湯と水の蛇口は分かれていても蛇口の部分はひとつでお湯の温度を調節できますよね。イギリスでは未だ多くの洗面所やお風呂でお湯の蛇口、水の蛇口とが別々になっています。なんといっても困ったのはお風呂があるのにシャワーがないホテルで、身体を洗うのが一苦労。頭もお湯だけの蛇口からでは熱くて洗えないし一体イギリスの皆さんはどうしてるのかと不思議に思います。

43623226_a793de4995_o

What I miss about England
by malias

 

 お湯がタンク式なので長く使うと水になる


ホームステイをした方の多数がこの経験をされているのではないでしょうか。個人宅の大半でタンク式の湯沸かし器を使っています。10分~15分続けてシャワーを使っているとそのうちお湯が出なくなり、急に水になってしまいます。シャンプーの途中、まだ身体に泡が付いている時に水になったらもう大変。待てど暮らせどお湯にならず風邪を引いたり、冷たい水でなんとか洗ったなどという話を散々他の生徒から聞きました。

トイレもタンク式のところがまだ多いので、日本のようにジャージャー流していると肝心な時に水が溜まっておらず流れないということもあります。イギリスではお湯とトイレの水は大事に使いましょう。

 

修理や工事に時間がかかる


友人の話でバイクに籠を付けてもらおうと頼んだら、2週間後に出来ておらず、来週出来ると言われたが次の週にも出来ておらず、来週学校が始まるのでそれまでにと言ったらお安いご用と言われたが、結局学校に間に合わなかったという話を聞きました。水道管やセントラルヒーティング、ちょっとした工事や修理も本当に時間がかかります。客を待たせているという意識はあまりなさそうです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

marimarin

大好きなミュージシャンがいるイギリスに行きたくて、アルバイトをしてお金を貯めてその地を踏んでからもううん十年。 結婚して子供もいてなかなか思い通りにはなりませんが、それでも数年ごとにイギリス旅行を満喫しています。 現地にはイギリス人の友達もいて、異文化も楽しみながら新しいイギリスを発見しています。 イギリスでの楽しかったこと、苦しかったこと、あり得ない体験談、役に立つ情報などをお届けしたいと思っています。 夢はいつか移住をすることです!