こんなものも!アメリカで話題の自動販売機事情

画像引用元 http://elitedaily.com/women/essie-nail-polish-vending-machine-photos/672639/

日本の自動販売機のハイテクさと商品の豊富さに驚く外国人観光客は多い。

季節によってラインナップが変わったり、パンやスナックが買えたり、一台のマシンの中で「つめた~い」と「あったか~い」が同時に販売されていたり。近年では液晶タッチパネル式の自販機も増加してきています。

 

そんな自動販売機ですが、米国ではまた違った方向に進化しています。

 

広まるコスメ自動販売機

 

自動販売機で販売されるのは食品や飲料のイメージが強いですが、近年では大手化粧品メーカーが、主要空港やショッピングモールに自社製品の自動販売機を設置しています。

ニキビ治療で名高いProactiv(プロアクティブ)は数年前にいち早く自動販売機での販売を始めています。近年では日本国内の一部ショッピングモールや駅などにも設置されるようになりました。

 

スポンサードリンク
 

 

 

そんな中で今、注目されているのはネイルブランド“essie”が2014年に打ち出したマニキュア自動販売機、通称 “essie color boutique”。

まだ数は少なく、一部の空港に設置されているのみのようですが、今後拡大していく予定だとか。トレンドのネイルカラーがバラエティ豊富に取り揃えられており、シーズンによってカラーラインナップも入れ替わります。

価格は1本$8.50と、お求めやすい価格です。ホワイトが基調のボディとケース内に並ぶネイルカラーに思わず目を奪われてしまいます。

 

「せっかく旅行に来たのだし、いつもと違うお洒落がしたい!」

 

と思い立ったら、すぐに空港で新しいネイルカラーを購入!なんてことも出来るようになりました。いつもは少し派手かも・・・と思われがちなカラーも、旅先のテンションで挑戦できちゃいますね。

 

 

自動販売機コスメのみでフルメイクアップも可能

 

 

上記の基礎化粧品やネイルカラーの自販機だけではなく、大手コスメセレクトショップSEPHORAやBenefit、Elizabeth Ardenといった化粧品メーカーも独自デザインの自動販売機を設置し、話題を集めています。

 

なんとベースメイクからアイメイク、リップメイクまでに必要なコスメ全てが揃ってしまいます。自動販売機で取り扱える商品数は限られており、必然的に各メーカーの売れ筋やトレンド商品が並びます。

 

顧客はより気軽に新商品をチェック・購入でき、メーカー側は新たな販路を開拓できる。このような形のマーケティングは年々活発になってきており、今後も様々な業界から自動販売機式の商品が登場していくことでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

haico

はじめまして。haicoと申します。現在は都内大学の文学部に在籍中です。中学入学~高校卒業まではアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごしました。実は時期の関係で日本で小学校の卒業式に参加できないままアメリカで中学校に入学してしまったため、私の小学校卒業証書は闇の中。3年前に高校を卒業後、帰国し、以降日本を満喫中です。海外で過ごした時間と経験があるからこそ、私は日本での生活が好きです。将来は海外に出て定住する事に対して積極的に考えてはいませんが、拠点を日本に置けるのであれば、海外をピョコピョコ飛び回ってみたいと思っています。 おいしい食事(特にステーキ)と漫画・アニメが大好き。米国にいた頃はお小遣いの半分以上を現地の日系書店で漫画購入のために使っていました。大学入学後は通学途中に秋葉原があるのでよく途中下車しています。趣味はデザイン・造形・服飾など。高校生時代に様々なジャンルの美術の授業を受講する機会があったので、そこから趣味に発展しました。大学では美術系サークルに所属し、その時に作りたいものを気ままに製作しています。 これから更に楽しい記事をお届けできるように、頑張っていきたいと思っております。 どうぞよろしくお願い致します。